テーマ:旅行

早春の長野(5)~湯田中温泉「よろづや」お食事編

湯田中温泉「よろづや」のお風呂に入ったあと、 夕食「科野会席」をいただきました。 その一部をご紹介します。 こちらは、前菜と酢の物です。 酢の物は、信州りんごをまるまる一個、器のようにくり抜いて、 その中に盛り付けています。 そしてこちらは、信州サーモン姿造りです。 一匹を二人でいただくと、けっこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春の長野(4)~湯田中温泉「よろづや」お風呂編

戸隠「そば茶屋極楽坊」でお昼を食べたあと、 この日の宿である、湯田中温泉の「よろづや」に向かいました。 湯田中温泉は、1350年前に開湯し、 小林一茶もこよなく愛したとされる歴史ある湯治場で、 今もその雰囲気を残しています。 その中でも「よろづや」は、共同浴場「大湯」の隣にある 大きな宿です。 この日泊…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初秋の蔵王(4)一條・お食事編

「湯主一條」のお食事は、上の写真のような 個室料亭でいただきます。 かつて湯治に使われていた和室を改装しています。 部屋食もいいですが、こういうイス席でいただくのも とてもいいですね。 こちらの写真は「前菜」と 「宮城県産100%の豆乳から作る汲み上げ湯葉」 「すずきの洗い 鮪の炙り カルパッチョ仕立て」で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

初秋の蔵王(3)一條・建物とお風呂編

「高見屋」に泊まった翌日、蔵王や仙台に足を伸ばして、 鎌先温泉の老舗旅館、「湯主一條」 に宿泊しました。 ここは創業600年、現在のご主人は20代目になります。 湯治と観光向けの旅館から、綺麗でくつろげるお部屋と 個室料亭で美味しい料理を楽しめる宿にうまく進化した、 人気のある宿です。 上の写真は今回泊まっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初秋の蔵王(2)高見屋

蔵王への旅の一泊目、「えぼし庵」などに 出かけたあと、蔵王温泉の「深山荘高見屋」に泊まりました。 こちらの宿は、開湯1900年という旧い歴史のある 蔵王温泉で創業290年という老舗です。 さすがに温泉にはこだわりがあるようで、 館内では9つのお湯が楽しめます。 上の写真は新館である「離庵山水」の「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新緑の諏訪・蓼科・松本(3)~「片倉館」「くらすわ」

諏訪湖ホテルに宿泊した翌朝、 隣にある日帰り温泉施設「片倉館」(上の写真)に 朝風呂に出かけました。 「片倉館」は、大正~昭和初期にシルクエンペラーと称された 片倉財閥によって昭和3年に設立された、 温泉・社交・娯楽・文化向上を目的とした厚生施設です。 大理石の大きな浴槽は、深さが110cmあり、 大きな玉…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新緑の諏訪・蓼科・松本(2)~下諏訪温泉湯めぐり「ほんわかゆうゆう券」

「花尋庵」でお昼をいただいたあと、 諏訪湖周辺を散策し、下諏訪方面に移動しました。 下諏訪の町並みは諏訪大社の下社の門前町であり、 しかも中山道と甲州街道が交差する宿場町として、 古くから栄えた歴史を感じさせます。 この春は、7年に一度の御柱祭が行われていますので、 例年より観光客も多いのではないかと思います…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

早春の伊勢・鳥羽・志摩(2)~「いかだ荘山上」と「ホテル近鉄アクアヴィラ伊勢志摩」

伊勢神宮や「おかげ横丁」に出かけたあとの夕食に、 志摩市磯部町にある料理旅館「いかだ荘山上」に出かけました。 ここでは、伊勢志摩の豊富な海の幸を心ゆくまで堪能できます。 会席料理や「海鮮あぶり焼」もいただけますが、 この日注文したのは、「牡蠣づくし」コースです。 上の写真は「焼牡蠣」です。 プックラとした牡蠣…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

早春の伊勢・鳥羽・志摩(1)~伊勢神宮とおかげ横丁

3月初旬に休暇をとって、一泊二日で伊勢~鳥羽~志摩に出かけました。 一日目の夕方まではいいお天気だったのですが、 夜から翌日の午後まではあいにくの大雨でした。 朝9時半ごろに自宅を出て、まずは伊勢神宮の外宮から内宮へ。 上の写真は、内宮の宇治橋です。 そして下の写真は、宇治橋から見た五十鈴川です。 悠久の時と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初秋の長崎(8)~島原城と原城跡

三日目は、雲仙から海岸沿いに降りてきて、 島原半島を一周することにしました。 上の写真は、島原城の天守閣から撮った風景です。 上の写真は島原城の天守閣です。 中には、キリシタン文化や禁教時代、島原の乱についての 資料が展示されています。 島原の歴史を形成した、民衆の信仰の深さが強く感じられます。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

初秋の長崎(7)~雲仙「小地獄温泉館」「新湯共同浴場」

雲仙の外湯も、二つ回ってみました。 上の写真は、「小地獄温泉館」です。 八角形の建物が二つ並んでいて、 それぞれが男湯と女湯になっています。 内部は暑めとぬるめの浴槽が一つづつ。 白濁した、湯の花がいっぱいの硫黄泉は、 温泉好きにはたまりませんね! そしてこちらは、「新湯共同浴場」です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初秋の長崎(3)~軍艦島

二日目の朝から、軍艦島上陸ツアーに参加して、 端島(通称・軍艦島)に出かけました。 「軍艦島」は長崎市の南西約19kmにあり、明治時代から 1974年まで、海底炭鉱の島として栄えた島です。 最盛期には5,000名を超える人々が、480m×180mの 小さな島にぎっしり住んでいたとのこと。 鉄筋コンクリート…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初秋の長崎(1)~原爆資料館とグラバー園

ちょっと遅めの夏休みをとって、 以前から念願だった長崎に二泊で出かけました。 長崎地方は、前川清の歌とは大違いで カンカン照りの快晴で、昼間はとても暑く、 初秋とはとても言いがたいお天気でした。 上の写真は、グラバー園のてっぺんから撮った 長崎市内の風景です。 急な坂がとても多くて、小さなレンタカーでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初秋の上毛(6)~四万温泉「積善館」その4

「積善館」の夕食を堪能して、早く休んだので、翌朝早く目が覚めてしまいました。 そこで、周りをお散歩することにして、積善館さんの本館の前で撮ったのが、上の写真です。 今回は入浴しませんでしたが、公衆浴場「河原の湯」も近くにあります。 そのあと、一番新しい建物である「佳松亭」にある大浴場「杜の湯」へ。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初秋の上毛(5)~四万温泉「積善館」その3

「元禄の湯」のあとは、お楽しみの夕食です。 「積善館」さんの夕食では、とても上品な懐石が楽しめます。 お肉やお魚は少ないので、大食の男性には物足りないかもしれませんが、地元のおいしい野菜の風味をうまく生かしたお料理に、たいへん満足しました。 翌朝、早く目が覚めたので、あたりを散歩してみました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

初秋の上毛(4)~四万温泉「積善館」その2

積善館の「山荘の湯」のあとに向かったのが、本館の「元禄の湯」です。 積善館といえば、幾度となく雑誌などにとりあげられたこのお風呂が、代名詞のような存在です。 本館からは別棟になっており、ご覧の入り口を押して入ると、そこにはすぐに脱衣場と5つの浴槽があります。 「元禄の湯」は昭和5年の建造で、国の重要文化…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

初秋の上毛(3)~四万温泉「積善館」その1

「塩河原温泉 渓山荘」のあとに向かったのは、今回の宿である、四万温泉「積善館」さんです。 四万温泉、初めて出かけたのですが、長い歴史の中で、今日まで温泉を愛する人たちに大切にしてこられた雰囲気が非常によく感じられます。 「積善館」も、元禄時代の創業とのことで、建物はもちろんのこと、当時の宿帳をはじめとした貴重な記録が…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

初秋の上毛(2)~「塩河原温泉 渓山荘」

「蕎麦いけだ」で食事をしたあと、車で20分くらい走った田園地帯にある、「塩河原温泉 美人の湯 渓山荘」に立ち寄りました。 こちらは入り口です。 門構えと建物は、なかなか歴史ある和風旅館ですが、オーガニック料理と、ペットと泊まれることを前面に出した宿に生まれ変わっています。 館内にはアトリエやギャラリーが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大雨の那須・宿編 クイーンズ・マナ

今回泊まったのは、那須ハイランドパークの近くの別荘地の中にある、「英国の森ホテル クイーンズ・マナ」さんです。 英国の田園地帯にある「マナーハウス」のような佇まいの6室の宿です。 温泉旅館やペンションが非常に多い那須で、どこに泊まるか迷ったのですが、こぢんまりとしていながら、清潔感あふれて居心地がよく、なかなかいい宿でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雨の那須・温泉編(2)北温泉

もう一ヶ所、今回那須で立ち寄った温泉は、「鹿の湯」から山あいに入っていったところにある「北温泉」です。 ここもまた、江戸時代の建物が現存する温泉宿です。 江戸時代、明治、昭和の建物が連なっており、まるで迷路のようです。 入ったお湯は、一番奥にある「天狗の湯」。 巨大な天狗の飾ってある浴槽と、打たせ湯とぬる湯があります…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大雨の那須・温泉編(1)鹿の湯

この土日に、一泊で那須まで出かけてきました。 途中、ハンドルをとられそうになるような、ものすごい大雨。 でも、浦安から2時間強で着きますから、けっこう近いですね。 今回出かけた温泉のひとつは、那須温泉元湯・鹿の湯です。 那須湯本の温泉街の山手に位置する、歴史ある名湯です。 なんと7世紀前半といいますから、1,300…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

箱根「函嶺」

ゴールデンウィークまっただ中ではありますが、日帰りで箱根まで出かけました。 今回立ち寄ってみたのは、宮ノ下の富士屋ホテルから少し御殿場方面に行ったところにある、「函嶺」(かんれい)という温泉宿です。 通りからの入り口から坂を降りると、大正時代に建てられ、病院として使われていた洋館があります。 今は、宿としては素泊まり4,5…
トラックバック:5
コメント:2

続きを読むread more

銚子「一山いけす」

銚子までドライブに出かけ、漁港の近くにあるいけす料理のお店、一山いけすでお昼を食べました。 少し時間をずらして行ったので、店内はだいぶ空いていましたが、観光バスの駐車場もあるくらいですので、かなりのお客さんが来ることもあるのでしょう。 店内の中心には、巨大ないけすが(写真上)。 タイやヒラメ、それにイカなどの魚がたくさ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

早春の伊豆・箱根/沼津「丸天」と箱根「天山」

修善寺のあと、沼津に行って、「魚河岸 丸天」でお昼にしました。 お店に入る前は、10組くらいの順番待ちでしたが、食べたあとは、もう午後2時を回っていたので、ご覧のとおりだいぶ空いてきています。 ここの名物は、漁港ならではのお魚料理なのですが、なんといってもインパクトがあるのが、ご覧のかき揚げ(840円)です。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

早春の伊豆・箱根/修善寺「果物創庫」「筥湯」

「楽山やすだ」を出て、修善寺に向かいました。 旧い温泉街ですが、伊豆観光の中心地でもあるためか、平日にもかかわらず多くの観光客でにぎわっていました。 まず立ち寄ったのは、フルーツとどら焼きのお店「果物創庫」。 九州・久留米の果物屋さんが経営しているようです。 上の写真は、フルーツ餡とイチゴをはさんで食べる、どら焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春の伊豆・箱根/楽山やすだ(2)

前編でご紹介したように、今回は檜のお風呂のついたお部屋を選択しました。 上の写真がそのお風呂。 多くのお風呂が楽しめるこの宿の中で、もっとものんびりとくつろげたのが、このお風呂。 お部屋のお風呂では、滑らかな弱アルカリ性のお湯が、源泉かけ流しで楽しめます。 この写真は、お風呂に浸かって撮ったもの。 いやいや、極…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

早春の伊豆・箱根/楽山やすだ(1)

奥さんのバースデーに合わせて休暇をとって、一泊二日で伊豆方面に出かけました。 今夜の宿は、伊豆長岡の「楽山やすだ」。 伊豆長岡の歴史ある宿が、和風モダンのいい雰囲気の旅館にリニューアルされています。 お風呂とトイレ以外は、全館畳敷きで、足裏の感触もいい感じです。 今回は、檜のお風呂つきのお部屋を選択したのですが、まず…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

河口湖オルゴールの森

先週、山梨まで一泊で出かけて、鉄板焼や豆腐料理で有名な、「うかい」がやっている河口湖オルゴールの森に立ち寄りました。 フランスのダンスホールに置かれていたという、高さ5m、幅13mの巨大なダンスオルガンをはじめ、数多くのオルゴールがあって、なかなか楽しめました。 一時間に一回、ホールで、客船タイタニック号のために製作…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more