広上淳一、京響常任指揮者に就任

画像

京都市交響楽団から毎月届くメールマガジンの号外で、広上淳一さんが、京響第12代常任指揮者に就任することを知りました。

常任指揮者に広上氏
京響 大友氏、初の桂冠指揮者に
 京都市交響楽団の次期(第12代)常任指揮者に米国コロンバス交響楽団音楽監督の広上淳一氏(49)の就任が決まった。任期は2008年4月から3年間。01年から常任指揮者を務める大友直人氏(49)は、名誉職の桂冠指揮者に京響で初めて就任する。京都市が26日、発表した。
 広上氏は東京都出身、東京音楽大卒。1984年の第1回キリル・コンドラシン国際青年指揮者コンクールで優勝し、スウェーデンのノールショッピング響、オランダのリンブルク響の各首席指揮者を歴任した。
 京響では、90年10月の特別演奏会で指揮を執った後、これまで3回の定期演奏会に出演。来月8日に京都コンサートホールで開かれる定期演奏会でもタクトを振る。
 大友氏は京響で、英国の作曲家エルガーやヴォーン・ウイリアムズらの楽曲を初演。昨年創立50周年を迎えた記念演奏会で、前任の井上道義氏とともにブラームスの交響曲全4曲の上演も成功させた。
(京都新聞電子版 2007年7月26日)


私が、日本人では高関健さんとともに、最も素晴らしいと感じている指揮者の一人である広上さんが、日本で常任のポストに就くのは、おそらく初めてのことではないかと思います。

N響、日フィル、新日フィル、都響など、どこのオケに客演しても素晴らしい演奏を引き出して、聴衆から高い支持を得ている広上さんは、おそらく、これまでにも数多くのオファーがあったことだろうと思いますが、ここで京響のポストに就くのにはなぜでしょうか。

これは私の想像ですが、東京のオケよりも、京響のほうが、ここからの変化率というか、発展性が大きいのではないかと思います。

東京のオケのように、仕事量(年間の演奏会の数)が多くなく、楽団員も東京に比べて練習場やホールの近くに住んでいるので、きっと京響のほうが、一曲あたりの練習量や密度を高く維持できるのではないでしょうか。

また、現在の京響は、技術的に非常にレヴェルが高く、経験値も脂の乗っている楽団員が多くなっており、アンサンブル面も、日本のトップレベルに近くなっているのではないでしょうか。

そのような中での広上さんの就任で、京響のさらなるレベルアップが期待できます。

また、世界的に知名度の高い京都という都市のブランドを生かして、海外からの旅行者が、京響の定期演奏会に合わせて京都に訪れるような形になると、なお一層素晴らしいと思います。

「ローマ三部作」のこのライヴは、私も実演を聴きましたが、最高に素晴らしい演奏でした。
広上淳一/レスピーギ:ローマ三部作


広上さんのマーラーの4番は、昨年の3月に都響の演奏会で聴きましたが、これも素晴らしい演奏でした。
マーラー:交響曲第4番|ウェーベルン:夏風の中で

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ちあき
2007年08月09日 12:32
驚きました!!

遅ればせながら、記事を拝見して広上さんが京響の常任に決まった事を知りました。
本当に何故なぜナゼ京響なのでしょうか?
一説には、昨年までは常任につかず、各オケを客演してまわると決めて、精力的に演奏会をこなしていたと言います。その、各客演の結果として、京響を選んだのでしょうか?
だとしたら、選ばれた京響は凄い!
約10年前に、アルバイトで京響のチケットもぎりを手伝っていた身としては、暫く演奏に接していないので、上洛も兼ねて京都会館に行きたくなりました。(あっ、今は京都コンサートホールでしょうか・・・)
故河合隼雄さんではないですが、関西から文化の風が吹いてきそうですね^^
2007年08月12日 14:27
ちあきさま、コメントありがとうございます。
広上さんは、日本の多くのオケから、もっと振ってほしいとの要望がとても強かったと思います。
京響が常任を打診して、広上さんが承諾した経緯を、どこか報じてもらいたいですね。
大植/大フィル、広上/京響をはじめとする関西のオケは、定期演奏会を1日違いで開催して、共同でウェブサイトを作り、全国(全世界)にプロモーションするのがよいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
2007年08月12日 14:53
おひさしぶりです。トラックバックありがとうございました。

関西在住コンサートゴーアーとしては、広上・京響の誕生は、快哉を叫びたい気持ちですね。

ただ、心配なことは、京都という土地柄でありまして・・・・広上氏、確かに実際にその演奏を耳にすればその魅力に抗することはまずできないでしょう・・・・しかしですね、京都の聴衆が「広上淳一」という名前をどう受け取るか、ですね。どれだけの京都市民が彼の名前を知っているか・・・・多分、知らないでしょうからねえ。

とにもかくにも、広上淳一の名前とプレゼンスを京都市民に浸透させることが第一と考えますね。広上さんも、できることなら(あまりお好きではなさそうではありますが)大植さんのような自己アピールをして頂ければ、と思いますが。
2007年08月12日 16:31
ぐすたふさま、ごぶさたしております。
まずは、日本で最も多く広上さんの指揮する演奏を聴くことができるようになる京都の皆様が、たいへんうらやましく思います。
おっしゃるように、広上さんのプレゼンスは、おそらくまだ関西では未浸透でしょう。
私も、関西在住の折には、大阪センチュリーの定期に客演した一度しか、聴く機会に恵まれませんでした。
ウーヴェ・ムントさんが未客演の段階で常任に就任したのも驚きでしたが、広上さんも、京都市民にとっては全くといっていいほど知られていない存在であることは間違いありません。
ともあれ、京響創立50年にして、最高の常任を迎えることができたわけですから、市やマスコミの全面的バックアップを期待したいですね。
加えて、ウィーン・フィルがヨーロッパ音楽旅行の目玉になっているように、世界中の音楽ファンが京都に観光で訪れる際に、京響を聴いていただくような活動をするべきかと思います。
インターネットをうまく活用することで、費用をかけずとも、世界中で京響のプレゼンスを高めていくような施策が実施できるのではないかと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

この記事へのトラックバック

  • ツィガーヌ・でした!

    Excerpt: 今日は二人そろって第503回京都市交響楽団定期演奏会に出演しました♪ 今回はホントに盛り沢山のプログラム♪ ☆ラウベェル:ツィガーヌ ☆ジョナサン・レシュノフ:ヴァイオリン協奏曲(日本初演) ~休憩.. Weblog: ファルファーレ たかよ&えりのお部屋にようこそ♪ racked: 2007-08-13 12:42
  • 京響→広上淳一、名フィル→ティエリー・フィッシャー

    Excerpt: 昨日も少し触れましたが、来年度は大阪シンフォニーだけではなく、◇京都市交響楽団  →広上淳一(1958年生)◇名古屋フィルハーモニー交響... Weblog: 嵯峨野にわか住人の日記 racked: 2007-09-19 04:31
  • 広上淳一指揮/京都市交響楽団大阪特別公演

    Excerpt: 京都市交響楽団 大阪特別公演 Weblog: Tany&wife's blog from 名古屋 racked: 2009-04-13 01:02
  • 広上淳一指揮/京都市交響楽団大阪特別公演

    Excerpt: 京都市交響楽団 大阪特別公演 Weblog: Tany&wife's blog from 名古屋 racked: 2009-04-13 01:11