錦三「富喜」

GWというのに、夫婦ともども体調がいまひとつなので、 身体にいいものを食べに行こうと思い、中区錦三丁目にある 韓国料理のお店「富喜」に出かけました。 上の写真は、こちらの名物の参鶏湯(サムゲタン)。 いろんな薬膳が入っていて、身体が温まりますね! この日は、参鶏湯を含んだコースをいただきましたが、 サンダンバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まめかつ 星ヶ丘店」

先日ご紹介した洋食のお店、「マ・メゾン星ヶ丘店」の近くに 新しくできたとんかつのお店、「まめかつ 星ヶ丘店」に出かけました。 「カフェ マ・メゾン」の入っているビルの2階です。 この日いただいたのは「ミルフィーユかつ定食」。 薄く延ばした豚肉を重ねて揚げています。 東京の恵比寿が本店の「キムカツ」と同様ですね。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ピネード」ラシック店

栄の三越で 「天皇皇后両陛下ご成婚50年・ご即位20年記念写真展~両陛下と旅~」 を拝見したあと、ラシックに立ち寄って、 新しく入ったスイーツのお店ピネードを見つけました。 本店は三重県津市で、伊勢神宮のプライベートブランドも作っている という、ありがたいお店です。 近年は名古屋に進出し、現在11店舗があるとのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「洋食屋マ・メゾン」星ヶ丘店

自宅から近いのに、まだ食べに行ったことがなかった マ・メゾン星ヶ丘店に出かけました。 このお店は1981年に創業された際の第一号店です。 名古屋に長くお住まいの40~50歳代の方々には、 若い頃からよくご存知のお店なのでしょうね。 店内は、古い家具や雑貨が並べられ、 ヨーロッパの田舎町に来たような雰囲気です。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

名古屋フィル第357回定期演奏会~ハイドン「四季」

名古屋フィルハーモニー交響楽団 第357回定期演奏会 2009年4月24日(金)18:45開演 愛知県芸術劇場コンサートホール 指揮:鈴木秀美 ソプラノ:森麻季 テノール:櫻田亮 バス:清水宏樹 合唱:合唱団ノース・エコー(合唱指揮:長谷順二) 曲目:ハイドン/オラトリオ「四季」Hob.XXI-3 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

三重県菰野町「そばの華」

三重県菰野町のお蕎麦屋さんは、以前、「蕎麦・宿 菊井」さんを 紹介しましたが、そちらと並んで人気のあるお店である 「そばの華」さんに出かけました。 お店は、湯の山温泉方面からですと、国道306号線(ミルクロード)を いなべ方面に北上し、細い道をクネクネと進んだ先にあります。 はっきり言って、かなりわかりにくい場…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

広上淳一指揮/京都市交響楽団大阪特別公演

京都市交響楽団 大阪特別公演 2009年4月12日(日)14:00開演 ザ・シンフォニーホール 指揮:広上淳一(京響常任指揮者) 独奏:山下洋輔(ピアノ) 曲目:ビゼー/「カルメン」組曲第1番     ガーシュウィン/ラプソディー・イン・ブルー     (アンコール:「枯葉」「スイングしなきゃ意味がない」) …
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

リーガロイヤルホテル「なにわ」

今日は大阪までコンサートに出かけました。 ホールに着く前にランチに立ち寄ったのは、 リーガロイヤルホテルB1の鉄板焼・焼肉のレストラン 「なにわ」です。 今回いただいたのは、以下の2品です。 「なにわランチ」  野菜サラダ、帆立貝柱と本日のお魚のバター焼き  フィレビーフステーキ(写真上)  ご飯・お味噌…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

覚王山「吉芋」

名古屋市千種区の椙山女学園高校のすぐ近くにある、 サツマイモのお菓子のお店、「覚王山 吉芋」に行きました。 お店には、次から次へと自転車や徒歩でお客さんが集まってきて、 決して広くないお店の中はいっぱいになります。 今日買ってみたのは、次の5品です。 まず、このお店の名物である「花火」(手前)。 包丁で手…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小澤征爾指揮新日本フィル~メンデルスゾーン「エリア」

小澤征爾指揮 新日本フィルハーモニー交響楽団 メンデルスゾーン作曲 オラトリオ「エリア」作品70 (日本語上演) ソプラノ:松田奈緒美(寡婦、天使、セラピム) ソプラノ:市原愛(天使) アルト:金子美香(セラピム) アルト:寺谷千枝子(王妃、天使、セラピム) テノール:吉田浩之(オバディア、アハブ) バス:石野…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

名古屋観光ホテル「エスコフィエ」

奥さんのお誕生日のお祝いに、名古屋観光ホテルの フレンチレストラン「エスコフィエ」に出かけました。 まず前菜の前にいただいたのは、サーモンとイクラのパテです。 今回いただいたコースの前菜の中から、 こちらは「きゅうりとお米のサラダ仕立て 三陸産水ウニ添え」です。 前菜の中から2品紹介します。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

幸田町 石窯パンの店「ダーシェンカ」

岡崎市と蒲郡市の間にある幸田町に、「DASENKA(ダーシェンカ)」という 有名なパンのお店があります。 緑区有松にもお店があるのですが、 自宅から車で1時間ほどかけて、本店まで出かけてみました。 ここのお店のこだわりは、以下の「5つのお約束」をご参照ください。 1.全てのパンを自家製手作りの石窯で焼き上げてい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

東山公園「ビストロ ラシェット」

地下鉄東山線の東山公園駅の2番出口から、広小路通に出て すぐのところにある、「ビストロ ラシェット」に出かけました。 2008年の4月開店で、もうすぐ1年を迎えるとのことです。 ヨーロッパの街角のカジュアルなお店のような雰囲気が 外観から伝わってきます。 お料理は、お昼のコースが1,600円から、 夜のコース…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウィーン放送交響楽団

ウィーン放送交響楽団 2009年3月5日(木) 愛知県芸術劇場コンサートホール 指揮:ドミトリー・キタエンコ ピアノ:ヘルベルト・シュフ 曲目:グリンカ/歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲     チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調     (アンコール:モーツァルト/トルコ行進曲)      チャイコ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

春の熊本~鹿児島(7)「山川砂むし温泉」

妙見石原荘のあとに、指宿の南、山川まで足を伸ばし、 山川砂むし温泉保養施設まで出かけました。 砂むし風呂が名物である指宿には、砂むし専用施設として 砂むし会館「砂楽」が指宿温泉の中心にあるのですが、 この山川砂むし温泉保養施設のほうが、のんびりした雰囲気が楽しめます。 砂むしをする砂浜から海に向かった風景です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の熊本~鹿児島(6)「妙見石原荘」

静流荘に泊まった翌日の午前中に訪れたのが、 霧島地区の温泉を代表する宿のひとつである、妙見石原荘です。 立ち寄り湯1,200円と、けっこうな値段がしますが、 4本の源泉を惜しみなく用いた、温泉へのこだわりを感じさせます。 上の写真は、川沿いの露天風呂です。 清掃直後でしたので、まだお湯が溜まりきっていません。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

春の熊本~鹿児島(5) 霧島温泉「静流荘」

霧島新湯荘のあと、この日の宿である 静流荘に向かいました。 チェックイン時に、貸切風呂の時間を予約します。 好きな時間に入るためには、早めのチェックインがベターです。 上の写真は、大浴場の露天風呂です。 手前の丸くなった石のところに頭を乗せてボーッとすると とてもいい気持ちです。 こちらの宿の温泉は、白…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春の熊本~鹿児島(4) 新湯温泉「霧島新湯荘」

あきしげゆのあとは、霧島神宮に立ち寄りました。 大きな神社はなかなかいいですね。 そのあと、霧島温泉郷から車で10分あまり 山上に向かったところにある新湯温泉の国民宿舎 「霧島新湯荘」の立ち寄り湯に行きました。 このあたり、山腹のいたるところから湯気が沸いています。 霧島新湯荘も、強い硫黄の香りと乳白色のお湯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の熊本~鹿児島(3) えびの市「あきしげゆ」

「やまと旅館」に立ち寄ったあと、 玉名温泉の大きなホテルである「司ロイヤルホテル」の別館つかさの里に泊まりました。 こちらもなかなかいい宿で、 隣にある巨大な日帰り温泉施設「つかさの湯」も無料で利用できました。 翌日、九州自動車道を南下し、えびの高原を通って、 えびの市の中心部から10分あまり離れた 「あきし…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春の熊本~鹿児島(2) 平山温泉「やまと旅館」

「藤もと」のあとに向かったのは、 熊本県北部の山鹿市にある平山温泉の「やまと旅館」です。 最近、平山温泉の人気が温泉ファンの間で高まっているらしく、 立ち寄り湯で出かけてみた次第です。 平山温泉の泉質は、肌にしっとりとベールをまとったような柔らかい肌触りのお湯が特徴です。まるで美容液に浸っているような感触で、その…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more