アーノンクール指揮ウィーン・フィル

画像

待ちに待った、ニコラウス・アーノンクール指揮のウィーン・フィル(VPO)の演奏会を聴きに行きました。
今日の曲目は、ブルックナーの交響曲第5番。

それに先立って、VPO楽団長のクレメンス・ヘルスベルクさんが挨拶されました。
今回の来日は、VPO初来日以来50年、サントリーホール開館20年にあたる記念ですが、今日は特に、7年前に亡くなった、サントリー2代目社長の佐治敬三さんの命日であるとのことでした。

そこで、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の合唱団による、モーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」が演奏されました。
アーノンクールさんは、昨日日本に到着してすぐに、BCJとのリハーサルを行われたそうです。

そして、お楽しみのブルックナー。
聴こえるか聴こえないか分からないくらいの弦楽器の弱音。
そして、めまいのしそうな輝かしいファンファーレと金管のコラール。
冒頭の数分で、充分モトがとれた思いがしました。

CDとはまた少し異なった、さらに一歩踏み込んだ休止や強調が、印象に残りました。
フォルムが崩れる、ギリギリ一歩手前まで、オケを追い込んでいくアーノンクール、そして、その高い要求に120%応えるVPOの素晴らしさ!
指揮者の説得力と、オケの自信と技量に、とことん感動しました。

最後の一音が鳴りきって、残響が消える3秒ほどの間、聴衆は誰も身動き一つすることができません。
ちょうど、オルガン席のど真ん中で、アーノンクールの表情をつぶさに見ることができた私は、たいへんラッキーでした。

また、もう一回聴きたいなあ~。
来年、また来日しないかなあ・・・。

ブルックナー:交響曲第5番
ブルックナー:交響曲第5番

"アーノンクール指揮ウィーン・フィル" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント