岩城宏之氏・佐藤功太郎氏逝く

画像

先週は、日本のクラシック音楽界にとって、悲しいニュースが続きました。

指揮者:岩城宏之氏
6月13日午前0時20分、心不全のため都内病院にて逝去、享年73歳。

指揮者:佐藤功太郎氏
6月15日、十二指腸がんで逝去、享年62歳。

岩城宏之さんの指揮する演奏会には、たびたび行きましたが、ここ数年はなかなか機会がなく、この演奏会が最後でした。

京都市交響楽団第443回定期演奏会 
(2002年4月20日 京都コンサートホール)
指揮:岩城宏之/フルート独奏:高木綾子
曲目:山口恭子/だるまさんがころんだ
一ノ瀬トニカ/美しかったすべてを花びらに埋めつくして… ~フルートと室内オーケストラのための~
チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」

すでに何度も手術を繰り返し、身体はボロボロになっていたであろうと思われますが、そんなことは微塵も感じさせない、ダイナミックな「悲愴」であったことが、今も記憶に残っています。
同じ年代の指揮者である外山雄三さんによれば、50年前の岩城さんのデビュー演奏会のメインは「悲愴」だったとのこと。
ライフワークであった日本人作曲家の作品と同様に、「悲愴」もたいへんこだわりのある作品だったのでしょうか。

6月25日(日)、9:00からテレビ朝日系列での「題名のない音楽会」、7月2日(日)21:00からNHK教育テレビでの「N響アワー」で、追悼特集を放映するようです。

佐藤功太郎さんといえば、私がクラシック音楽をコンサートで聴き始めた頃、最も多く聴く機会のあった指揮者です。
1980年頃、常任指揮者不在で低迷していた京都市交響楽団の定期演奏会の多くを、佐藤さんが指揮されていました。

当時佐藤さんはまだ30代後半。今でいえば金聖響さんくらいのお歳の頃に、閑古鳥の鳴き、寒々しく貧弱な音響の京都会館第一ホールで、孤軍奮闘されていました。

私は、佐藤さんの指揮で演奏する機会はなかったのですが、母校のオーケストラにはたびたび客演されていました。
私が中学校の頃、母校のオーケストラを初めて聴いた時の客演指揮者が佐藤さんでした。
そして、大学を卒業して十余年たってから聴いた、2002年の定期演奏会に客演されたのを聴いたのが、私にとって、佐藤さん指揮の最後の演奏会となりました。

心より、ご冥福をお祈りいたします。


(追伸)
7/2(日)の「N響アワー」は、岩城宏之さんの追悼特集でした。
若きころの映像とともに、10年前にN響と共演した「悲愴」が放映されました。

黛敏郎:涅槃交響曲

岩城宏之/ムソルグスキー:展覧会の絵[ジュリアン・ユー編曲]

黛敏郎:涅槃交響曲

"岩城宏之氏・佐藤功太郎氏逝く" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント