N響アワー/日本の作品史入門!

画像

今夜の「N響アワー」は、日本人作曲家、山田耕作、伊福部昭、早坂文雄、黛敏郎、矢代秋雄の各氏の作品でした。

1970~90年代の懐かしい映像でしたが、音響・バランスは非常に素晴らしく、これがあのNHKホールでの録音なのか?と不思議に思えるNHKスタッフのテクニックを、こうしたアーカイヴの蓄積から伺うことができます。

私は、伊福部昭の「シンフォニア・タプカーラ」をアマオケで演奏したことがあるのですが、「タプカーラ」や「交響譚詩」は、編成的にも音楽的にも、アマチュアには手がけやすく、聴衆にもたいへん分かりやすいと思います。
アマオケを中心に、もっと演奏されたらいいのになあ、といつも思います。

譚 ― 伊福部昭の芸術1 初期管弦楽

響~伊福部昭 交響楽の世界〔シンフォニア・タプカーラ/管弦楽のための日本組曲〕@広上淳一...響~伊福部昭 交響楽の世界
譚 — 伊福部昭の芸術1 初期管弦楽

"N響アワー/日本の作品史入門!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント