和太鼓集団TAO 新潟公演

画像


TAO 浮世夢幻打楽~弐の絵巻~

2010年10月16日(土)18:00開演
新潟市民芸術文化会館・劇場

りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)で行われた
和太鼓集団「TAO」のコンサートに出かけました。

TAOは1994年に結成された、和太鼓を使った
エンターテインメント集団です。

1995年に愛知県から大分県久住町に本拠を移転し、
大自然に囲まれた4万㎡の広大な敷地内に「TAOの里」を設立。
ここで団員の育成、作曲・演奏法などTAO独自のスタイルを
創造してきました。

2004年に世界中から多くのパフォーマーが集まる
世界最大の芸術祭「エディンバラ・フェスティバル・フリンジ」にて
海外デビューし、初参加ながらチケットセールスNo.1に輝きました。

地元メディアからは最高の評価を受け、
5つ星を総なめにしたことを期にワールドツアーを展開。
現在、世界各国の観客を魅了し続けています。

2009年より日本全国でのツアーを開始し、
新潟では今回が初公演です。

新潟は佐渡に「鼓童」が本拠を構えています。
鼓童のコンサートには以前に二回出かけていますが
TAOもぜひ聴いてみたいと思っていました。

鼓童が白のふんどしと鉢巻姿で叩く、伝統的な和太鼓芸能を
志向しているのに対し、TAOは赤や黒のコスチュームをまとって
ダンスや笑いなども取り入れた総合的なパフォーマンスが特徴です。

TAOのプロモーション映像はこちらをご覧ください。



約2時間の公演があっという間に感じるほど
パフォーマンスのレベルが高く、会場はスタンディングオベーションで
大いに盛り上がりました。

来年も新潟公演が予定されているとのことで、
ぜひ聴きに行きたいと思います。
今回は空席もありましたが、次回は満席になるといいですね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック