ケルンWDR交響楽団

画像
 

セミヨン・ビシュコフ指揮 ケルンWDR交響楽団

2月23日(月)19:00  愛知県芸術劇場コンサートホール
指揮:セミヨン・ビシュコフ ピアノ:田村響

曲目:ブラームス/ハイドンの主題による変奏曲
    モーツァルト/ピアノ協奏曲 第23番 イ長調/田村響
    ドヴォルザーク/交響曲 第8番 ト長調
(アンコール:ブラームス/ハンガリー舞曲第5番)

「ケルン放送交響楽団」の名称のほうが知られている
ケルンWDR交響楽団は、
1980年代に若杉弘とガリー・ベルティーニとの来日公演で、
それぞれマーラーの交響曲を聴いています。

地元・愛知県安城市出身の田村響さんとの共演で、
20年ぶりにこのオーケストラを聴きました。

あいにく、一曲目のブラームスには間に合わず
聴けなかったのですが、ドヴォルザークでの弦楽器の歌わせ方、
厚みのあるサウンドがたいへん心地よい演奏会でした。

このオーケストラのCDでは、ルドルフ・バルシャイ指揮による
ショスタコーヴィチの交響曲全集が有名です。
私も持っていますが、価格も安く(下記ですと11枚組で6,000円)、
演奏も非常に優れていると思います。


【メール便不可商品】【輸入盤】ショスタコーヴィチ:交響曲全集/バルシャイ&ケルン放送so
竹音堂 楽天市場店
  ショスタコーヴィチ:  ・ 交響曲第1番 ヘ短調 op.10  ・ 交響曲第2


楽天市場 by ウェブリブログ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック