新浦安「芦屋亭」

画像


昨年11月にオープンし、すでに浦安の地元住民だけでなく、首都圏の蕎麦好きには目の離せないお店として注目されている、「芦屋亭 新浦安店」に出かけました。

自宅からすぐ近くなので、もっと早くに行きたかったのですが、これまでなかなか行けずにいました。
しかし今、ほんとうに残念な思いです。
なんで、もっと早く行かなかったんだろう・・・。

今日いただいたのは、「春の音連れ春野菜の打ちたてコース」(当日15時までの予約制・3,500円)です。

(メニュー)
先付け:白魚の桜葉和え(下写真)

画像


前菜:アボガドサラダ 芦屋亭風
焼き物:日向地鶏の野菜巻き焼き たまり醤油ソース

このあたりから、ご主人はガラス張りの蕎麦打ち部屋に入り、私たちのために蕎麦を打ち始めます(下写真)

画像


椀物:小鯛桜蒸し そばの実あんかけ
しのぎ:つまみ上げ湯葉 金柑とマディラ酒添え
煮物:香り筍とえび芋、信田巻きの炊き合わせ(下写真)

画像


揚物:三色和風テリーヌの天ぷらと春野菜の天ぷら
打ち立てのお蕎麦:契約栽培裏磐梯雄国の蕎麦
お好みの甘味:わらび餅・完全無添加神戸ジェラート(各種)・和風プリン(各種)から選択

どの品も、素材そのものの味をうまく引き出されていることに驚きました。
蕎麦はもちろんのこと、非常にいいお料理の楽しめるお店です。

自家製粉、かつ打ちたてにこだわった蕎麦は、しっかりとした歯ごたえと粘り、そして風味が楽しめます。
そして、お料理の味付け同様に、しょっぱくなく過度な存在感を示すことはないが、なんともいえないまろやかさを感じさせる「つゆ」と、絶妙のハーモニーを聴かせてくれます。

ご主人は、店名のとおり関西の方で、とても親しみやすい関西弁で、丁寧にお客さんにお料理の紹介をしています。
このご主人のキャラクターも、このお店の得がたい魅力でしょう。

お店は、新浦安駅から歩いて10分ほど歩いた、住宅街の中のビルの地下という、隠れ家感覚のロケーション。
こぢんまりとしていて小奇麗な内装も、なかなか落ち着けます(下写真)。

いや~、また、早く行きたくなりました。

画像


「芦屋亭 新浦安店」
千葉県浦安市入船4-9-8地下1階
営業時間:11:00~20:00入店
定休日:火曜日
047-355-2211







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年03月21日 10:26
御来店ありがとうございました。
近々に新しいメニュー送らせていただきますね。
そして、お得意様優待券も同封させていただきます。
またの御来店、心よりお待ちしております。

この記事へのトラックバック