男前豆腐店「ジョニ男」

画像


以前から何度か(男前豆腐)(がんも番長)ご紹介している「男前豆腐店」の商品、「ジョニ男」を見つけて買ってみました。

ちょうど一人分、スプーンですくって食べるのにいいサイズです。
お値段も、某スーパーで105円と手頃。

おっと、パッケージの裏には、不良少年が「ジョニ男」をすくって食べています。

公式ウェブサイトによれば、

「彼の名前は「ボンジョルノ・ジョニオ」。マフィアの下っ端。ジョニ男好き。
将来はマフィアから足を洗い実家のイタリアレストランを継ごうと思っている。」

とのこと。なるほど~。

お味のほうは、たいへん大豆の味が濃厚で、舌ざわりもなめらか。
「男前豆腐店」のシリーズの中では、最もクリーミーでしょう。
これはまたまた、病み付きになりそうです。

パッケージには、食べ方の例として、以下のように紹介されています。

NORMAL:
 一味唐辛子+ポン酢(容器に移し替えてレンジでチン)
 紅葉おろし+あさつき+ポン酢
 オリーブオイル+黒胡椒+岩塩
 わさび醤油
 醤油+ラー油+お酢
 ザーサイ+中華ドレッシング
 ちりめんじゃこ+白胡麻+唐辛子の輪切り
 麺つゆ+マスタード

ABNORMAL:
 はちみつ
 きな粉+黒蜜
 メープルシロップ
 フルーツソース
 オリゴ糖

私は、「オリーブオイル+黒胡椒+岩塩」で食べてみました。
次はどうやって食べてみようかなあ~。


「男前豆腐」はこちら

風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月28日 22:50
TBありがとうございました。
うまいっすよね。「ジョニ男」にはまりそうです。
北海道に住んでいても、京都の豆腐が食べられる幸せ。おいしい豆腐を作ってくれる人、おいしいものを遠くまで運んでくれる人ありがとうございます。
みゆき
2006年12月03日 15:40
”ジョニ男”、食べました。
もともと、”波乗りジョニー”の味(豆)の濃さにはまり、
いつしか二分割できるようになって、
お値段との葛藤もあまり気にならなくなっていたと思ったら、
「一回で全部食べてね!」って感じの包装になりがっかり・・・

そんな時に”ジョニ男”を見つけて、
なんかとっても得した気分になりました♪

何もつけずに食べてももちろんですが、
我が家ではすだち入りの関西限定販売(ネット販売はあるようです)、
”旭ぽんず”をかけて食べました(^^)
2006年12月03日 23:06
そば太郎さま、コメントありがとうございます。
そうですか、北海道でも食べられるのですね。
北海道産の大豆が、北海道に帰っていくというわけですね(笑)。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
2006年12月03日 23:08
みゆきさま、コメントありがとうございます。
すだち入りの「旭ぽんず」、美味しそうですね!
今度大阪に行った時、買ってみようかなあ~。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

この記事へのトラックバック

  • 男前豆腐店 ジョニ男

    Excerpt: 本日もローソン新商品です。前から食べたかったここの商品が安くて食べやすい値段で発 Weblog: シンさんの偽哲学の小部屋 racked: 2006-11-26 00:00
  • Are you jonile tonight?

    Excerpt: さて、久しぶりにゆる~~~い話題でいきましょうか。 京都の男前豆腐店をご存知の方は多いでしょう。およそ豆腐の名前とは 思えない奇抜なネーミングの商品を次々と世に送り出し、店先で笑いを とっているクリ.. Weblog: 千酔亭日乗 racked: 2006-11-28 21:40
  • 男前豆腐「ジョニー」などの情報サイト

    Excerpt: 男前豆腐、名前だけで気になりますね。 男前豆腐の情報、おもしろいこと書いてます。 Weblog: 男前豆腐 男前豆腐の情報満載 racked: 2006-12-04 12:19