市川交響楽団:マーラー/復活

画像

市川交響楽団 第320回市響「交響楽の午後」<市響55周年記念演奏会>
7月17日(祝)14:00 市川市文化会館大ホール

曲目:マーラー/交響曲第2番「復活」
指揮:金 洪才
管弦楽:市川交響楽団
ソプラノ 星川美保子  メゾ・ソプラノ 田村由貴絵
合唱 「市響・復活」合唱団
合唱指揮:山崎 滋

千葉県では、各市のアマチュアオーケストラの活動が非常に活発ですが、市川のオケも55年の歴史があり、100名の団員がいらっしゃるとのこと。
今回、マーラーの「復活」をやるとのことで、初めて聴きに行ってみました。
指揮の金洪才(キム・ホンジェ)さんは、大学の頃に、客演で振っていただいたことのある懐かしい方。
市川交響楽団には、ここ数年、岡田司さんも客演されており、これまた私にとってはたいへん懐かしい指揮者です。

マーラーの「復活」は、2003年5月に、大阪フィルの定期、大植英次さんの常任指揮者就任披露演奏会で聴いて以来です。
思い起こせば、中学生時代に、京都大学交響楽団や、NHK-FMで全国生中継された京都市交響楽団創立25周年記念演奏会でも聴いた、思い出深い曲です。

市川交響楽団、アマオケとしてはかなりの実力のある楽団だなあと感じました。
技術的なバラつきや、音色感、音程など、もっと揃えるべき部分はあると思われ、前半楽章では不安定な場面もありましたが、これは曲想の面で仕方ないところもあるでしょう。

金さんの熱い指揮ぶりもあって、終楽章の圧倒的な高揚感は充分に表現され、ほぼ満員の聴衆も大いに喜んでいました。

マーラー:交響曲第2番
マーラー:交響曲第2番

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

た露火
2006年07月21日 22:42
復活好きですねん。この間うちの会社の後輩で、R大(母校の隣)は、復活をやったことがあるんだって。駆ればコントラバスで、出だしから身震いしたそうです。
 それから小沢征爾さんの「復活」も今話題になってますね。どなたかお聞きになられましたか?
2006年07月23日 02:48
た露火さま
しばらくですがお元気でしょうか。
コメントありがとうございます。
そう、「復活」は、冒頭と終楽章がたいへん素晴らしいので、ほぼ間違いなく感動できますよね(苦笑)。
でも、数年前に買ったバルビローリのライブ盤は、オケが最後でコケまくっていて、噴飯モノの迷演でした。
ぶっつけ本番だったのでしょうか???
今後もいろいろ書いてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

この記事へのトラックバック