ベストコンサート(1) バーンスタイン指揮イスラエル・フィル

画像
これまで多くのクラシックのコンサートを聴いてきましたが、その中で、今でも忘れられない名演をいくつかご紹介します。

レナード・バーンスタイン指揮イスラエル・フィル(1985年9月3日 大阪フェスティバルホール)
曲目:マーラー/交響曲第9番

地球最後の日があるとしたら、皆さんはどうして過ごしますか?
あと数時間後に、全てが滅び去ってしまう夜に、好きなCDを聴くとしたら、何をチョイスしますか?

私なら、マーラーの9番を聴いて現世の思い出に身をはせて、そのあとブルックナーの9番で神様のそばに行くことを願うでしょうか。

このコンサートを聴いたのは、私がまだ高校生の頃でした。
フェスティバルホール1階席のかなり前の方でしたので、バーンスタインの唸り声や、飛んだり跳ねたりしている様子や、魂までバーンスタインに同化したようなオケの熱演を、目の当たりにすることができました。

宇宙の彼方へ消えていくかのように静かに終わる第4楽章など、満員の聴衆が溜息も出ないほど、感動的な超名演だったと思います。

音楽好きな方々や評論家の方の語り草になっているこのコンサート、CDにならないかなあ~。
バーンスタインのマーラーの9番は、コンセルトヘボウ管弦楽団やベルリン・フィルとのCDも素晴らしく、数多いこの曲CDの中でベストの評価が高いのですが、このコンサートほどの感動は得られませんでした。

あと、地球最後の日に聴くもう一曲である、ブルックナーの9番。
マーラーの9番の、これほどの素晴らしい演奏に匹敵するライヴには、いつ出会えるのでしょうか・・・。

マーラー : 交響曲第9番 バーンスタイン



マーラー : 交響曲第9番 バーンスタイン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

名無しの笛の踊り
2006年10月14日 13:08
 この来日時の東京公演、NHKホールの人民席でこれを聞きますた。桶が舞台から去った後、鳴り止まぬ拍手にバンスタが舞台に1人で答えていたのを思い出しました。
2006年10月15日 22:28
名無しの笛の踊りさま、コメントありがとうございます。
ほんとうに、懐かしい思い出ですね。
あんなコンサートに、また遭遇したいものです。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

この記事へのトラックバック