Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京交響楽団 第62回新潟定期演奏会

<<   作成日時 : 2010/11/14 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


東京交響楽団 第62回新潟定期演奏会

日時:2010年11月7日(日)17:00開演
会場:りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館コンサートホール
指揮:ミハエル・タタルニコフ ピアノ:デジュー・ラーンキ
曲目:ベートーヴェン:バレエ音楽「プロメテウスの創造物」序曲
    ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調
    ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調

新潟に来て5ヶ月、りゅーとぴあでの東響定期を聴きに行くのも、
はや3回目になりました。

今回はオール・ベートーヴェン・プロで、ほぼ同時期に作曲された
作品が演奏されました。

指揮は東響初登場のロシアの若手タタルニコフさん。
ハンガリー出身の名手、ラーンキのソロを楽しみに出かけました。

まず、序曲や交響曲での、タタルニコフさんの若々しくシャープな
アプローチが印象に残りました。
ただ、東響とは初共演だけに、もう一歩の詰めがほしかった箇所が
いくつかあったように思われました。

ピアノ協奏曲第4番は、瞑想的・叙情的な表情が印象的で、
秋が深まりゆく、今の季節にぴったりな曲だと思います。
ラーンキさんは繊細なタッチで、この曲の素晴らしさをうまく
引き出していたように思います。

次回の東響新潟定期は来年の2月、指揮は常任指揮者の
大友直人さん、ピアノ独奏は上原彩子さんです。

パヌフニクの交響曲第3番「祭典交響曲」、スタンフォードの交響曲
第3番 「アイリッシュ」という、非常に珍しい曲が楽しみですね。

ラーンキさんの演奏する、シューベルトのソナタのCDです。



パヌクヌクとスタンフォードの作品はあいにく聴いたことがないので、
2月までに予習しておきたいと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京交響楽団 第62回新潟定期演奏会 Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる