Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS N響定期〜ブロムシュテット指揮/ブルックナー:交響曲第5番

<<   作成日時 : 2010/04/24 17:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

画像


NHK交響楽団第1672回定期公演(Bプログラム)

2010年4月22日(木)19:00開演
サントリーホール
指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
曲目:ブルックナー/交響曲第5番変ロ長調(ノヴァーク版)

東京出張はほとんど日帰りなのですが、珍しく一泊になったので、
久しぶりにN響の定期公演に行きました。
サントリーホールでのBプロはほとんど満席で、
この日もいろいろ苦労してチケットを入手しました(苦笑)。

サントリーホールで聴くブルックナーの5番といえば、
2006年のアーノンクール/ウィーン・フィルや、
2007年のティーレマン/ミュンヘン・フィルの来日公演の
圧倒的な名演を思い出します。

この日も、ブルックナーを非常に得意にする
ブロムシュテットの指揮ですので、大変楽しみに出かけました。

演奏ほうは、アーノンクールのような自己主張の強さや、
ティーレマンのような神経質にも近い細部へのこだわりとは
異なった方面から伸びやかさや美しさを際立たせた
演奏だったと思います。

ブロクシュテットの棒さばきも、余計なアクションは一切なく、
アーノンクールやティーレマンのような厳しい表情も見せずに
にこやかな表情を浮かべながら、やや速いスピードで
淡々と進んでいきます。

しかし、浮かび上がらせたい箇所を演奏するセクションには、
細かいところまで的確にキューを出していて、
緩急や強弱が非常に自然に表現されているのがわかります。

N響も、長年の共演で、指揮者の要求するツボを
よく理解しているのでしょう。
ブロムシュテットの指示を的確に理解して、
余裕をもって表現していることがよく理解できました。

オケで印象に残ったのは、弦楽器、特に低弦の響きの分厚さと
金管楽器の好演でした。
トランペットセクションは、首席を長く務めた津堅さんが
定年退職されましたので、この日は京都市交響楽団
菊本さんがエキストラで1番を吹いていました。

菊本さんの京響での活躍は、これまでにも紹介しているとおりです。
この日も素晴らしい演奏で、N響の中でも充分に存在感を示していたと思います。

非常に心地よく爽やかな印象の残る、素晴らしいこの日の演奏。
しかし、またしてもというべきか、非常に残念だったのは、
最後の和音が響き終わらない間にわきおこった「ブラボー」と拍手…。

ブルックナーの5番の楽譜は、最後のコードが鳴ったあと、
一小節が全休符になっています。
つまり、何も音がない一小節も、大切な音楽の一部ということです。

全ての残響が宇宙の彼方に消え去るまで、
演奏者と聴衆は音楽を共有する必要があります。

「ブラボー」や拍手の方々は、
きっとこのようなことはご存じないのでしょう。

いや、ご存じでなくてもいいのです。
ブログやウェブサイトで、実に多くの方が嘆いていることを
ご覧になっていないのでしょうか?

腕時計のアラームや携帯電話の着信音は、
これまで長い年月、アナウンスを積み重ねてきたことで、
まれにしか聴くことはなくなりました。

これからは「最後の音が全く聞こえなくなってから5秒以内の
拍手やブラボーはおやめください」とでも、
アナウンスしなければならないのでしょうか…。

フライングで「ブラボー」や拍手をされる方には、
このライヴのDVDをよくご覧いただきたいものです。
ブルックナー / 交響曲第4番『ロマンティック』、第7番 ティーレマン&ミュンヘン・フィル 【D...


それでも、この日の演奏会は、客席の多くの方の間で
感動が一体になった名演であったことには変わりなく、
オケが去ったあとも鳴り止まない拍手に、
ブロムシュテットさんは「一般参賀」で応えてくれました。

N響名誉指揮者のブロムシュテットさんはもうすぐ83歳、
宗教上の理由から徹底した菜食主義とのことですが、
非常にお元気そうですね。
これからも末永くN響に客演していただきたいと思います。

この日の演奏は、6月にNHKのBSで放送予定とのこと。
ぜひご覧ください。

ブロムシュテットさんの録音をいくつかご紹介します。
まず、シュターツカペレ・ドレスデンとの録音によるブルックナーの4番。

ブルックナー / 交響曲第4番『ロマンティック』 ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレス...


同じブルックナーですが、ゲヴァントハウスとの7番。
こうした旧東独の伝統あるオケとブルックナーの演奏を
積み重ねている指揮者として、ブロムシュテットさんは
現役最高峰の巨匠だと思います。

【送料無料】ブルックナー / 交響曲第7番 ブロムシュテット&ゲヴァントハウス管弦楽団 輸入盤...


私が気に入っている録音はこちら。
ベートーヴェンの素晴らしさを心ゆくまで味わえる名演です。

【送料無料】ベートーヴェン / 交響曲全集 ブロムシュテット&シュターツカペレ・ドレスデン(...


スウェーデン人であるブロムシュテットさんにとって、
ドイツものと並んで重要なレパートリーは、北欧の作曲家の作品です。

こちらはフィンランド人であるシベリウスの交響曲全集です。

【送料無料】シベリウス / 交響曲全集 ブロムシュテット&サンフランシスコ響(4CD) 輸入盤 ...


そしてこちらはデンマークの大作曲家、ニールセンの作品を
N響と演奏したライヴ録音です。

《送料無料》NHK交響楽団/ニールセン: 交響曲 第3番 広がり/第4番 不滅(CD)


ブロムシュテットさんとは関係ありませんが、
N響のライヴで大感動したDVDです。
以前、「N響アワー」で放映されたときにもご紹介しましたが
指揮者・山田一雄の偉大さを再認識する素晴らしい映像です。

【送料無料】Bungee Price DVD 洋楽マーラー:交響曲第5番、モーツァルト:交響曲第14、38、41...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
N響サントリー定期(4月22日)
名誉指揮者のブロムシュテットが指揮するブルックナーの5番(ノヴァーク版)一曲のコンサートである。この曲はブルックナーの交響曲の中でも最も難物で、山上にそびえ立つ城郭のようなその堅固さゆえに、9曲ある交響曲の中でも最も親しみにくい感がある。しかしプロムシュテットは一切の構えなくこの大曲に対峙し、優しく大らかな稀に見る5番になった。自然さが何よりもの特色だが、決して何もぜずインテンポに進めたわけではなく、実に細かく微妙にテンポも動かす。しかしその息使いが正にブルックナーの特色を見事に捉えていて、通常... ...続きを見る
Maxのページ
2010/04/30 12:36
初詣
新潟に来て初めてのお正月、新潟で過ごしました。 ...続きを見る
Tany&wife's blog fro...
2011/01/03 15:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
名古屋からのご出席とのこと。素晴らしいコメントです。ブラボーの拍手の件賛成です。今回はさほどではありませんでしたが気にはなりました。サントリーで発足以来の定期演奏会員です。いつも楽しんでいますが久しぶりに興奮のN響でした。Tany&wife's blog from 名古屋さんの書き込み嬉しい限りです。これからもよろしくお願いします。
pikot1752
2010/04/25 20:09
トラックバック、ありがとうございます。
本当に素晴らしい演奏でした。
フライングブラボーの件、私も全く同感です。歌舞伎の大向こうと勘違いしているのではないか、と思ってしまいます。

また、楽しいレポート、楽しみにしています。
ムーミンパパ
URL
2010/04/25 22:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
N響定期〜ブロムシュテット指揮/ブルックナー:交響曲第5番 Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる