Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS 名古屋フィル第368回定期演奏会 「都市と音楽」〜プラハ

<<   作成日時 : 2010/04/18 16:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


名古屋フィルハーモニー交響楽団第368回定期演奏会
「都市と音楽」〜プラハ


2010年4月17日(金)16:00開演
愛知県芸術劇場コンサートホール
指揮:小林研一郎
曲目:スメタナ/連作交響詩「わが祖国」

名フィルの2010年度のテーマは「都市と音楽」。
世界11都市にちなんだ曲を、定期演奏会ごとにとりあげる
というものです。

その初回はチェコのプラハ。
名フィル桂冠指揮者の小林研一郎(コバケン)さんの指揮で、
スメタナの「我が祖国」全曲がとりあげられました。

コバケンさんの演奏は、あいにく最近は聴く機会がなかったのですが、
1980年代に常任指揮者を務めていた京都市交響楽団(京響)では
何度も聴きました。

当時の京響の本拠地は音響が悪い京都会館で、
定期演奏会もお客さんは半分も入らず閑古鳥が鳴いていましたが、
そんな空間の中でも熱い演奏を目指していたコバケンさんの姿が
懐かしく思い出されます。

コバケンさんにとって「我が祖国」は、
2002年に東洋人として初めての「プラハの春音楽祭」
オープニングでの指揮など、これまで多くの演奏を重ねている
まさに「十八番」です。

おそらく、チェコ以外の国籍の現役の指揮者では、
世界で最も多く、この曲を手がけているのではないでしょうか。

コバケンさんの名フィル定期への登場は、意外にも約4年ぶり。
前回の2006年5月の定期も「我が祖国」でした。

「コバケンの我が祖国」には、名古屋のクラシックファンの方々も
期待感が高いのでしょうか、金曜・土曜両日とも全席完売でした。

合唱が用いられない、純粋な管弦楽曲の中で、「我が祖国」は、
崇高で心打たれる曲として、最高峰の曲だと思います。

「ヴィシェフラド」(高い城)の冒頭、ハープ二台によって、
高らかに全曲の主題が奏される瞬間から、
熱いものがこみ上げてきます。

コバケンさんの指揮は、この曲の愛国的要素やチェコの歴史の
悲劇的要素を踏まえた、堂々とした解釈が強く印象に残りました。

名フィルも、まさに献身的な演奏で、コバケンさんの棒に
食らいついていくような名演だったと思います。

この本で、コバケンさんは「我が祖国」で最も有名な
第二曲「ヴルダヴァ(モルダウ)」について、
このように書かれています。

「ヴルダヴァはとても美しい川ですが、チェコの方々はそう思って
いないようです。『ヴルダヴァにはチェコ人の血が流れている』
からなのだそうです」

小林研一郎とオーケストラへ行こう


コバケンさんが「プラハの春」に招かれた際のライヴです。

スメタナ / 『わが祖国』全曲 小林研一郎&チェコ・フィル(2002年ライヴ) 【DVD】


こちらは昨年、東京都交響楽団に客演した際のライヴです。

【送料無料】スメタナ / 連作交響詩『わが祖国』全曲 小林研一郎&東京都交響楽団 【SACD】


来月の定期は、常任指揮者ティエリー・フィッシャーの指揮で、
テーマとなる都市はスイスのバーゼル。

バーゼルはスイス第三の都市。
日本で言えば名古屋にあたるということで、
フィッシャーがこの都市を選んだのでしょう。

次回取り上げられる曲目とCDを紹介します。
まず、オネゲルの交響曲第4番「バーゼルの喜び」。

オネゲル / 交響曲全集 デュトワ&バイエルン放送交響楽団(2CD) 輸入盤 【CD】


そして、昨年6月の定期でセンス溢れるソロを聴かせた
北村朋幹君を招いたラヴェルのピアノ協奏曲。

ラヴェル / ラヴェル:ピアノ協奏曲/夜のガスパール、他 マルタ・アルゲリッチ 【CD】


そして、ショスタコーヴィチの交響曲第5番。
フィッシャーいわく「最終楽章のテンポには驚くかもしれないね」
とのこと。

2日後に同じプログラムで東京公演を控えており、
フィッシャーにとっては東京での演奏は初めてとのことで
おおいに期待できますね。

輸入盤CD均一 1190円ショスタコーヴィチ / 交響曲第5番 ティルソン・トーマス&サンフランシス...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。トラックバックしていただいたようでありがとうございます。
1980年代、京都に住んでいたので、京響はよく聞きました。探してみたら、コバケンが京響の常任指揮者に就任したときのプログラムが出てきました。曲はマーラーの1番。とても懐かしいです。
よっち
URL
2010/04/18 23:02
よっちさま、コメントありがとうございます。
コバケンさんの京響常任指揮者就任演奏会、私も聴きに行きました。
懐かしいですね!
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
Tany
2010/04/18 23:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
名古屋フィル第368回定期演奏会 「都市と音楽」〜プラハ Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる