Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS 名古屋シンフォニア管弦楽団第56回定期演奏会

<<   作成日時 : 2010/02/07 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


名古屋シンフォニア管弦楽団第56回定期演奏会

2010年2月7日(日)13:45開演
会場:愛知県芸術劇場コンサートホール

指揮:堀 俊輔
曲目:ワーグナー/歌劇「リエンチ」序曲
    ストラヴィンスキー/バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
    ベートーヴェン/交響曲第3番変ホ長調「英雄」

1982年に結成された名古屋を代表するアマオケのひとつ
名古屋シンフォニア管弦楽団の演奏会に出かけました。

指揮は、東京交響楽団のクリエイティブ・アドヴァイザーである、
ヘルベルト・フォン・ホリヤンこと堀俊輔さんです。

名古屋のアマオケのコンサートには
これまで何度か出かけていますが、
東京や大阪と比べて、たくさんお客さんが
来られているように思います。

住まいとホールが近いとか、
団員の方々のご家族、ご友人が
東京や大阪よりも近くにお住まいになっている
ケースが多いのでは、ということも要因かもしれません。

いずれにしても、多くの聴衆が集まることは、
演奏する側にとっても高いモチベーションにつながりますね。

いっぽう、名古屋のアマオケの演奏会では
開場前に非常に長い行列ができてしまいます。
開場の整理も大変ですし、開場時に多くのお客さんが
集中してしまいます。

はじめから全席指定にするか、
東京や大阪の一部のホールであるように、
開演1時間半くらい前から座席指定券と交換する制度に
してもよいのではないかと思います。

さて、演奏のほうですが、
各曲とも、意欲的かつ積極的な表現が印象的でした。
ワーグナーのマッシブさ、ストラヴィンスキーの色彩感、
ベートーヴェンでは推進力あふれる演奏を楽しめました。

団員の技術的水準も高く、長く続いているオケだけあって
アンサンブルもよく揃っていますね。

次回の定期演奏会は7月11日(日)で、
曲目はプロコフィエフの交響曲第7番「青春」、
チャイコフスキーの「白鳥の湖」組曲、などということです。

人気ブログランキングへ

堀俊輔さんが指揮する演奏の録音です。
デュルフレの「レクイエム」、シューマンの「楽園とペリ」、
どちらもいい曲ですね!

デュリュフレ / レクィエム、他 堀俊輔&東京交響楽団、他 【CD】


【送料無料】シューマン / オラトリオ『楽園とペリ』 堀俊輔&東響、オラトリオ東京(2CD) 【...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
名古屋シンフォニア管弦楽団第56回定期演奏会 Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる