Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS フェドセーエフ指揮モスクワ放送交響楽団

<<   作成日時 : 2009/06/14 10:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

フェドセーエフ指揮 モスクワ放送交響楽団

日時:2009年6月9日(火)
会場:愛知県芸術劇場コンサートホール
指揮:ウラディーミル・フェドセーエフ ヴァイオリン:川久保賜紀

曲目:チャイコフスキー/「スラブ行進曲」、バイオリン協奏曲
    交響曲第5番
(アンコール)チャイコフスキー/「四季」より四月「雪の下」
                   「白鳥の湖」より「スペインの踊り」

モスクワ放送交響楽団は、日本では長くこの名称で
呼ばれていますが、正式な名称は
「Tchaikovsky Symphony Orchestra of Moscow」
(モスクワ・チャイコフスキー交響楽団)です。

フェドセーエフとモスクワ放送響の演奏会は、
1993年にオーチャードホールで聴いて以来です。
メインの「展覧会の絵」では、オーチャードホールの高い天井が
落ちてくるかと思うほどの圧倒的なダイナミクスに驚かされた、
懐かしい記憶があります。

この指揮者とオケの魅力は、ロシアのオケならではの
ボリューム感はもちろん、まさにチャイコフスキーの名前を
冠するにふさわしい、美しく華麗な音色にあります。

フェドセーエフさんも、手堅く率直な、
しかも熱い演奏を聴かせてくれる巨匠です。

この日の演奏も、舞台正面奥に並んだ
コントラバス10本に支えられた重戦車のようなffから、
息を吹きかけただけで壊れてしまいそうな柔らかなppまで、
彼らの魅力が充分に発揮された、素晴らしい演奏でした。

川久保さんのソロも、
美しく丁寧な演奏が魅力的でした。

力強さや派手さを期待した方には物足りなかったかもしれませんが、
ヴァイオリン協奏曲の中で比較的聴くことの多く、
聴衆の要求レヴェルも高いこの曲としては、
納得感の高い演奏だと感じました。

フェドセーエフさんは今年77歳、
東京フィルの首席客演指揮者も務められていて、
来日の機会も多い指揮者ですが、
また名古屋でお目にかかれる機会を楽しみに待ちたいと思います。

「世紀の大爆演」とのことでしょうが本当でしょうか?
【輸入盤】チャイコフスキー:交響曲第5番/フェドセーエフ (試聴可)


「ラヴェル編曲」であることを忘れてしまいそうな「濃い」演奏です。
フェドセーエフ1500シリーズ::ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ラヴェル編) ボリス・チャイ...


全く関係ありませんが、この二人はよく似ていますね。
ブルックナー:交響曲第5番


総務大臣 鳩山邦夫 公式ホームページ




チャイコフスキー・サイクル第3集: ヴラディーミル・フェドセーエフ・コンダクツ・モスクワ放送交響楽団(DVD) ◆20%OFF!
ぐるぐる王国 楽天市場店
■発売日:2007/8/1■在庫状況:1週間前後の発送(土日祝除く)※最大で2週間かかる場合や、メー

楽天市場 by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スピヴァコフ指揮(辻井伸行・ピアノ)ロシア・ナショナルフィル
スピヴァコフ指揮ロシア・ナショナルフィルハーモニー交響楽団 ...続きを見る
Tany&wife's blog fro...
2009/06/20 16:28
スピヴァコフ指揮(辻井伸行・ピアノ)ロシア・ナショナルフィル
スピヴァコフ指揮ロシア・ナショナルフィルハーモニー交響楽団 ...続きを見る
Tany&wife's blog fro...
2009/06/20 16:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フェドセーエフ指揮モスクワ放送交響楽団 Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる