Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS 名古屋フィル第358回定期演奏会〜春のロンド

<<   作成日時 : 2009/05/23 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

画像


名古屋フィルハーモニー交響楽団第358回定期演奏会

2009年5月22日(金)18:45開演
愛知県芸術劇場コンサートホール

指揮:イラン・ヴォルコフ
ヴァイオリン:ライナー・ホーネック

曲目:グラズノフ/交響的絵画「春」作品34
   シベリウス/ヴァイオリン協奏曲ニ短調 作品47
   ドビュッシー/管弦楽のための「映像」

名フィルの定期演奏会、今月はイスラエルの俊英である
ヴォルコフさんの登場ということで、楽しみに出かけました。

ヴォルコフさんは1976年生まれですから今年33歳、
風貌もスマートで飄々とした感じです。
アクションもさほど大きくなく、軽々と、しかも的確に指示を
出す指揮ぶりが印象的です。

今回の曲目、グラズノフの「春」とドビュッシーの「映像」の
第三曲「春のロンド」のどちらにも、冒頭に「春」、とりわけ
「5月」をテーマにした詩が掲げられていることが共通項です。
5月ならではの凝った選曲といえるでしょう。

しかしながら、グラズノフやドビュッシーそれぞれの作品の
中でもあまり演奏される機会のない曲目だけに、
客席はかなりまばら。
今回は欠席、という定期会員さんが多かったのでしょうか。

演奏のほうは、バランス感、音色に関するヴォルコフさんの
センスのよさを強く感じさせる素晴らしいものでした。

全体を通して、ふんわりとした柔らかな響きが心地よく、
失礼ながら、名フィルにこんな演奏もできるのか!
という発見ができました。

ウィーン・フィルのコンサートマスターであり、名フィルにも
首席客演コンサートマスターとして年数回登場する
ホーネックさんは、たいへん美しい音色で、
よく歌いこまれたシベリウスを聴かせてくれました。

速いパッセージの音程に不安定さはあるのですが、
それさえも魅力に聴かせてしまう、有無を言わさぬ
カンタービレは、世界最高峰のオケのコンマスの
面目躍如といえるでしょう。

ホーネックさんがソロを弾いている
ウィーン・フィルのCDです。

小澤征爾指揮/リムスキー=コルサコフ:交響組曲≪シェエラザード≫


ティーレマン指揮/R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」


ヴォルコフさんと、彼が首席指揮者を務める
BBCスコティッシュ交響楽団との録音です。

『ロマンティック・ヴァイオリン・コンチェルト・シリーズ Vol.7』





ロースラヴェツ/ヴァイオリン協奏曲第1番(1925)、同 第2番(1936/世界初録音)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
名フィル 第358回定期演奏会「春のロンド」
今シーズンの定期演奏会のテーマは「四季」とういうことで、 その時季に相応しいプログラムが提供されるようです。 ざっと年間のプログラムを見ると、ポピュラーな作品とマイナーな作品が半々ぐらいという感じですね。 定期会員は、さぞ予習が大変かと・・・余計なお世話かな?(苦笑) ...続きを見る
ひろ@音楽的生活
2009/05/24 10:08
クラッシクコンサート
初めて本格的なクラッシクコンサートへ行ってきました。 チケットは、会社が名フィルの法人会員になっているので 年に何枚かを従業員へプレゼント抽選するのですが あまり皆さん応募しないので、割と簡単に手に入るのです。 ...続きを見る
たまりんの気ままなPC日記
2009/05/31 21:55
名古屋フィル第359回定期演奏会〜春の祭典
名古屋フィルハーモニー交響楽団第358回定期演奏会 ...続きを見る
Tany&wife's blog fro...
2009/06/14 22:57
名古屋フィル第367回定期演奏会 「春初めてのカッコウを聞いて」
名古屋フィルハーモニー交響楽団第367回定期演奏会 「春初めてのカッコウを聞いて」 ...続きを見る
Tany&wife's blog fro...
2010/03/13 22:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
名フィル、素晴らしかったですね。
こんなに上手かったの〜?と思ってしまいました。(^^)

TB、ありがとうございました。
ひろ
URL
2009/05/24 10:11
ひろさま、コメントありがとうございます。
そうですね、力の抜けた、でもとても美しい音色で、とてもいい演奏だったと思います。
来月以降も楽しみですね。
Tany
2009/05/26 21:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
名古屋フィル第358回定期演奏会〜春のロンド Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる