Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS 小泉純一郎「音楽遍歴」

<<   作成日時 : 2008/05/25 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


前首相である小泉純一郎さんの音楽に関する書籍「音楽遍歴」(日本経済新聞出版社)を読みました。
内容は、小泉さんへのインタビューをまとめたものに、日経新聞編集委員による注釈と曲目解説を加えたものです。
小泉さん自身の話の部分は134ページまでと少ないのですが、非常に面白く読みました。

斜線部分は、日本経済新聞出版社のウェブサイトからの転載です。


♪♪♪ 本書誕生の記 ♪♪♪

昨年7月、日経夕刊で「巨匠クルカと小泉前首相」と題した記事を見つけた。
駐日ポーランド大使館で開かれた、ヴァイオリニスト、クルカの演奏会に小泉純一郎氏が出席したというコラムだ。

記事には「小泉氏はリピンスキの作品にひかれ、CDを集めてきたが、クルカさんの演奏が最も素晴らしい」とある。
リピンスキというのは19世紀前半に活躍したイタリアの大ヴァイオリニストだが、「現在はポーランドの音楽学者でもヴァイオリンに携わらない限り知らない」ほどマイナーな存在という。

そんな音楽家を愛聴している小泉さんていったい何なんだ??
そう思った私は、すぐ議員会館の小泉事務所宛てに執筆依頼の手紙を書いた。

しばらくして、事務所から連絡があり、後日、本人に御対面することができた。
「『音楽遍歴』というタイトルがいいねぇ。やろう。刊行はいつでもOKだ」

話はトントン拍子に進み、9ヶ月後、本書が完成した。
表紙のイラストはミュージカル『ラ・マンチャの男』の主人公ドン・キホーテ「遍歴の騎士」をイメージしたもの。
槍はト音記号、盾はレコード盤。著者のディレクションによるものだ。

本書は音楽マニアも初心者にも楽しんでもらえる内容になりました。
この本を読み、紹介されている名曲を聴き、演奏会にも出かけてみれば、きっと人生に新たな世界が広がることでしょう。

(文化出版部長 桜井保幸)



小泉さんは、わが国国会議員きっての音楽好きですが、おそらく、ただ他の議員よりも音楽をよく聴いている、などというレベルではありません。
とにかく音楽を愛していて、ご自身の好きなものについては、プロの音楽家や評論家並みか、それ以上にこだわって聴いていることが、文中から強く伝わってきます。

首相退任後も、政治についての著作のオファーは断り続けているようですが、この企画については、大喜びでインタビューに応じることになったとのこと。

クラシックやオペラだけではなく、歌舞伎、演歌、プレスリー、X-JAPAN、カラオケなど、話題が非常に豊富なので、クラシックファンの方以外にも楽しく読んでいただけるでしょう。
クラシックやオペラに詳しい方には物足りないかもしれませんが、これから何か聴いてみたい方への入門本としてもよさそうです。

小泉さんが特にお勧めのオペラ四作品はこちらです。




ヴェルディ「椿姫」





ヴェルディ「イル・トロヴァトーレ」





ジョルダーノ「アンドレア・シェニエ」



プッチーニ「トゥーランドット」

小泉さん監修の、エンニオ・モリコーネの音楽を集めたCDもご紹介します。
プレスリーの選集のほうは、品薄で手に入りづらいようです。


「私の好きなモリコーネ・ミュージック」

音楽遍歴 [日経プレミアシリーズ] (日経プレミアシリーズ (001))
音楽遍歴 (日経プレミアシリーズ 1)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
音楽遍歴
音楽遍歴 ...続きを見る
おやぢの部屋2
2008/05/31 16:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小泉純一郎「音楽遍歴」 Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる