Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS サンタ・チェチーリア管弦楽団

<<   作成日時 : 2007/07/01 02:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 10

画像


ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団
指揮: アントニオ・パッパーノ
ヴァイオリン: 庄司紗矢香

2007年6/30(土)18:00 東京オペラシティ コンサートホール

曲目:ベルリオーズ/序曲「ローマの謝肉祭」op. 9
   パガニーニ/ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 op. 6
   レスピーギ/交響詩「ローマの噴水」
   レスピ−ギ/交響詩「ローマの松」

アンコール:バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より「サラバンド」(庄司)
   プッチーニ/「マノンレスコー」より 間奏曲
   ロッシーニ/「ウイリアム・テル」より 序曲

サンタ・チェチーリア管弦楽団は、創立して約100年経つイタリア屈指のオーケストラですが、海外公演が本格化したのは1990年代からであり、ディスクもこれまでそれほど多くありませんでした。

私も、今回初めて聴いたのですが、いかにもイタリアらしい、よく歌うオーケストラであることに、おおいに感銘を受けました。
しかも、奏者の高い技術と、パッパーノの非凡な才能によって、最強音から最弱音まで、しっかりとしたアンサンブルが確立された、非常にレベルの高い演奏を楽しむことができました。

レスピーギは、「噴水」から「松」へ、アタッカ(そのまま続けて)で演奏していました。
これにはちょっと意表をつかれましたが、オーケストラも聴衆も、集中力が途切れないという意味で、なかなか効果的だったと思います。

「マノン・レスコー」間奏曲は、私の大好きな曲の一つです。
オーケストラピットの中ではなく、舞台上に乗ったオーケストラで聴いたのは初めてでしたが、オペラ育ちのパッパーノにとってはとても思い入れのある曲のようで、思わず涙ぐみそうになるほど素晴らしい演奏でした。

庄司さんも、技術的にも集中度も極めて高い水準の演奏を堪能させてくれました。
ヴァイオリンの技術的側面以外からは、さほどいい作品とは思えないこの曲を、これほどまで立派に聴かせてくれたことは、まさに脱帽です。

「ローマの松」の鳥の鳴き声は、ちょっとうるさすぎでしたが、これもイタリアらしいということなのでしょうかね(苦笑)。
ともあれ、また聴いてみたいオーケストラです。

【ポイント2倍】レスピーギ:ローマ三部作/パッパーノ(アントニオ)[CD]


チャイコフスキー:交響曲第4番・第5番・第6番「悲愴」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
庄司紗矢香&パッパ−ノ/ローマ・サンタチェチーリア管弦楽団
今日も朝から曇り空・・・良い天気だ!!(笑) ...続きを見る
雪太郎のつぶやき、あるいはプリンセス達の...
2007/07/01 08:30
ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団@東京オペラシティコンサートホール
ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団@東京オペラシティコンサートホール ...続きを見る
まりんのこと
2007/07/01 15:43
東京&大阪 ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団を聴く
2007.6.30 東京音楽大学から東京オペラシティへ移動し、ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団を聴きました。 ...続きを見る
虎(こ)メール ブログ版
2007/07/04 08:37
ブラボー!パッパーノ
昨晩、息子と二人でコンサートに行きました。 アントニオ・パッパーノ指揮、ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団と、ヴァイオリニスト庄司沙矢香。豪華な顔ぶれのコンサートです。 ...続きを見る
ピアノの音色 (愛野由美子のブログです)
2007/07/07 15:01
天賦の才能。:6/30(土)パッパーノ指揮ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団演奏会。
久々のコンサート。 アントニオ・パッパーノ指揮 ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団。 ...続きを見る
minamina日記
2007/07/08 07:56
ローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団コンサート
「横須賀市制100周年記念」と銘打ったローマ・サンタ・チェチーリア管弦楽団のコンサートを、横須賀芸術劇場で見てきた。指揮はアントニオ・パッパーノで、曲はベートーヴェンの交響曲第5番「運命」、レスピーギの交響詩「ローマの噴水」「ローマの松」。 ...続きを見る
青白きインテリ
2007/07/15 00:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございます。
私も大いに楽しみました。というか泣いたんですが、、。
また行ってみたいと思っています。
まりん
2007/07/01 15:45
お久しぶりです。TBありがとうございます。私も、松の最後泣きました。仰る様に、小鳥のさえずりは大きかったと、私も思いましたが、胸のすくような表現と、派手さがパッパーノらしくて、小鳥がおおきくても、もうなんでもOK!という感じでした。また、九州まできてくれるかな〜?
yumiko
2007/07/07 15:16
Tanyさま

7/7に同じ演目に行って参りました。
正直言って、庄司さんのヴァイオリンが目当てだったのですが、オケの魅力に圧倒されてしまいました。
メインの演目より何より、「マノン・レスコー」間奏曲の大きなうねりのある演奏に感動しました。涙が溢れて困ってしまう程でした。やはり、オペラ関連の曲がお得意なのですね。「ウイリアム・テル」より 序曲
なんて、どんどんヒートアップして、弦がよく落ちないなあと感心してしまいました。
今度はオペラ関連のプログラムを聞いてみたいなあと思いました。
今日は本当にいい演奏に出会えて良かったです。
DJSOG
2007/07/08 00:25
minaminaと申します。
遅ればせながらTBありがとうございました!
本当にすばらしい演奏会でしたね!
アンコールまで完全燃焼といった感じで。
庄司さんのヴァイオリンもいつもながらにすばらしかったのですが、今回は完全にパッパーノの希有の才能に圧倒された次第です。
次はコヴェント・ガーデンを引き連れてでオペラを聴いてみたいです。
minamina
URL
2007/07/08 07:55
まりん様、yumiko様、DJSOG様、minamina様
コメントありがとうございます。
ホントに素晴らしい演奏でしたね!
イタリアのオケでは、9月にマゼール指揮トスカニーニ交響楽団も聴きに行くのが楽しみです。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
Tany
2007/07/08 20:26
TBありがとうございます
サンタさん三回も聴き・・何れも素晴らしいかったです
 5月の熱狂の日・・コルボ聴かれたのですね
今も心に染込む感動・記憶がありますね
miken_001
URL
2007/07/10 06:51
はじめまして、TBありがとうございました。
このオケ、いいですねー!情熱的で凄く感動しました。横須賀公演のアンコール1曲目も「マノン・レスコー」だったのかな。ベルリオーズも聴いてみたかったですが、私の場合ベト5を聴くのが目的でしたので・・・・・。でもローマの噴水、ローマの松には感激しました。アッピア街道が見えましたよ。
青白きインテリ
URL
2007/07/15 00:31
miken_001さま、青白きインテリさま
コメントありがとうございます。
特に「ローマ三部作」は、自信に満ち溢れた演奏でしたね。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
Tany
2007/07/28 15:23
うーん、正直言って、海外で庄司紗矢香はデビューに億近いお金をかけたと言われてる。海外ではいまだに、招待されているわけでなく、自分で、お願いして、弾かせてもらっている身分だね。彼女、日本でオーバーレートされてきたけど、ヨーロッパでは、誰も注目してないよ。その理由は、評論はお金で買うことはできても、ヨーロッパでは、日本みたいに私って可愛い?アイドルちゃんみたいな舞台マナーや、演奏では通用しないということ。だってちゃんと弾けてないんだから。そう感じながら聴いてました。まあ頑張って。
sayaka
2007/07/29 05:06
sayakaさま、わざわざコメントをいただきありがとうございました。 sayakaさまは、さぞヴァイオリンが上手なのでしょうね。どうぞがんばってください。
Tany
2007/07/29 21:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
サンタ・チェチーリア管弦楽団 Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる