Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル/ブルックナーの5番

<<   作成日時 : 2007/01/18 16:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 5

画像


以前にこちらでも紹介しましたが、私は大指揮者セルジュ・チェリビダッケの演奏に、非常に多く感銘を受けました。

学生時代は、NHKFMでたびたびチェリビダッケ指揮のミュンヘン・フィルやシュトゥットガルト放送交響楽団の演奏会のライヴが放送されており、エアチェックして何度も聴いたものです。

また、チェリビダッケは生前に自身の演奏のCD化を認めなかったために、亡くなってから正規盤が発売されるまでは、おびただしい数の海賊盤が出ていたわけですが、私もCDショップに行くたびに、新しい海賊盤が出ていないか確認して、買い漁ったこともあります。

ちなみに、海賊盤は、来日したミュンヘン・フィルの団員さんも、こぞって買っていったとのことです。

今回、1986年にミュンヘン・フィルとともに来日した際、開館間もないサントリーホールで行われたライヴ録音が発売されました。
サントリーホール史上、伝説の名演と語り継がれている、ブルックナーの交響曲第5番の演奏です。

1986年の来日の際、私はこのライヴの5日前に、大阪のフェスティバルホールで行われた公演を聴いています。
曲目は、シューマンの交響曲第4番と、ムソルグスキー(ラヴェル編曲)の組曲「展覧会の絵」です。

この時のプログラムに、チェリビダッケが記したメッセージが、たいへん印象に残っています。
「私が日本の聴衆のためにやりたかったことが今回も実現できず残念です。次回に期待しましょう。」というものです。

この意味はいったいなんだったのでしょうか。
今回の来日公演は、最終日のサントリーホールのみがブルックナーで、それ以外は大阪と同じか、ブラームスの4番がメインのプログラムでした。
チェリビダッケは、日本でもっと多く、ブルックナーをとりあげたかったのでしょうか。

それはともかく、私はこの時に初めてチェリビダッケを生で聴いたのですが、その圧倒的な立体感に驚嘆した記憶が残っています。

「展覧会の絵」の冒頭、トランペットのソロによる「プロムナード」のフレーズひとつとっても、他の指揮者の演奏とはまるで違う。

録音は収まりきらない、チェリビダッケの超絶的な耳のよさによって、長時間のリハーサルで徹底的に磨きをかけたアンサンブルを堪能することができた一夜でした。

このブルックナーも、圧倒的なスケール、ゆったりとしたテンポと正確な音程による、実に説得力のある素晴らしい演奏です。

海賊盤や正規盤の一部の録音にみられるような冗長さもなく、全体的に適度の緊張感がみなぎっているのも、この演奏の長所として特筆できると思います。

この演奏会も、生で聴きたかったなあ。
もう、こんな指揮者は現れないのでしょうか。

Bruckner: Symphony No.5 / Selgiu Celibidache, Munich PO






こちらは、正規盤の「8番」です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ベスト・コンサートA〜チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル
1993年4月28日、東京芸術劇場で聴いた、セルジュ・チェリビダッケ指揮/ミュンヘン・フィルのチャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」は、私の音楽観をひっくり返すような衝撃的な演奏でした。 私は、チャイコフスキーの曲がそれほど好きではないのですが、「悲愴」だけは別格です。それまでにも、カラヤン、ムラヴィンスキーといった巨匠の名盤や、大フィルや新日本フィルを振った朝比奈のライヴで、何度も感動してきました。 しかし、チェリビダッケは、聴く者の胸をわし掴みにするような説得力で、数多くの名盤・... ...続きを見る
Tany&wife's blog fro...
2007/01/18 16:59
チェリのブル5 in サントリーホール!
||&lt;#FFFFFF&#39; style=&#39;font-family: &quot;AR丸ゴシック体M&quot;;font:bold 30px;color:blue&#39; ``チェリ、サントリーホールへ!!|| ...続きを見る
Adagio なひととき
2007/01/20 12:38
BRUCKNER/Symphonie Nr.5
BRUCKNER Symphonie Nr.5 ...続きを見る
おやぢの部屋2
2007/01/20 23:39
チェリビダッケの「展覧会の絵」とシューマンの4番
こちらでご紹介したセルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィルの来日公演、ブルックナーの交響曲第5番のCDが、各方面で絶賛されていますが、同じ来日時に、昭和女子大学人見記念講堂で行われた演奏会のライヴ録音も、4月10日に発売されます。 ...続きを見る
Tany&wife's blog fro...
2007/03/26 00:09
チェリビダッケの東京ライヴ/ブラームスの交響曲第4番
巨匠チェリビダッケとミュンヘン・フィルの、1986年東京公演ライヴ録音は、これまでにサントリーホールでのブルックナーの交響曲第5番、昭和女子大人見記念講堂でのムソルグスキー(ラヴェル編曲)の「展覧会の絵」、シューマンの交響曲第4番が発売されています。 ...続きを見る
Tany&wife's blog fro...
2007/05/27 12:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございます。
チェリビダッケを生でお聴きになったなんて羨ましいです。
本当に説得力のある至高の演奏ですね。
River of Tears
URL
2007/01/18 22:39
トラバありがとうございます。チェリビダッケの音楽に生でお触れになったとは、これ以上ない幸せですね。羨ましい限りです。 そのホンの少しの断片であってもこうして録音を通して感じられるのも幸せなものです。
Jin
URL
2007/01/20 12:42
River of Tearsさま、Jinさま、コメントありがとうございます。
チェリビダッケの独自の美学が感じられる、素晴らしい演奏ですね。
これからも、いろいろ紹介してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Tany
2007/01/20 15:11
 初めてコメントをさせていただくものです。
 昨日、タワーレコードの試聴機で、このチェリビダッケの5番とマタチッチの5番を聴きました。じっくりと進むチェリビダッケに、緩急織り交ぜ猛烈なテンポで突き進むマタチッチ。余りに対照的な2枚でした。
 チェリビダッケの演奏は、弦楽器が本当に素晴らしいと思いました。生だとこの何倍も素晴らしいでしょうね。第1楽章の最初の盛り上がり、弦楽器だけで物凄いクライマックスが築かれていました。聞いたことのないような音が次から次へと聞こえてきたというのが印象的でした。
 全体的にティンパニが弱いのが、自分としては?でした。ここは連続でffがくるぞ!と思っていたらmpだったというのも、肩透かしのような気がしました。
 チェリビダッケのブルックナーは、7番が一番素晴らしいと思います。この5番はいいのですが‥‥。具体的には、まるで5番が「7番のように聞こえる」ところが引っかかるのです。ブルックナーのファンとしては、5番には5番らしい迫力や圭角が欲しいもの。
 彼は7番が最も向いている指揮者ではなかったかと、改めて思いました。
tata
URL
2007/02/12 01:15
tataさま、コメントありがとうございます。
ブルックナーの5番は、他にもアーノンクール、ショルティ、カラヤン、ヴァント、ヨッフムなど、個性的な名演が揃っていて、全く飽きることがありませんね。
これほどまでに、何度でも、また始めから聴きたくなる曲は、他にはありません。
そう、ゆったりとしたテンポに、完璧な音程で、普通の演奏では絶対聴こえてこない楽器の音や倍音が響くのが、チェリビダッケの演奏の素晴らしいところです。
確かに、彼の芸風は、7番が最もフィットするのではないかと思います。
しかし、曲の素晴らしさで勝るのがこの5番であり、同じサントリーホールでのライヴがレーザーディスクでも出ていた8番でしょう。
ティンパニは、確かにこの録音ではあまり前面に出てきませんが、おそらく当時は名手ペーター・サドロが在籍していたでしょうから、生演奏ではものすごい音圧で聴こえていたことでしょう。
これからも、いろいろご紹介してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Tany
2007/02/12 01:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル/ブルックナーの5番 Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる