Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS アーノンクール「メサイア」

<<   作成日時 : 2006/09/10 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像

以前にもご紹介したように、11月に、アーノンクール指揮のヘンデル「メサイア」をサントリーホールに聴きに行くので、予習のために買ったCDを聴きました。

まずは、想像をはるかに上回る、素晴らしい演奏でした。
大胆ですが非常に繊細な表現で、しかも豊かな響き。
キリストの生誕を描いたこの大作を、大げさではないが、ドラマティックに一気に聴かせてくれます。

まず特筆できるのは、11月の日本公演でも歌う、A.シェーンベルク合唱団の素晴らしさ。
CDでこれなのに、ライブだとどのくらいすごいんだろう。
すでに背筋がゾクゾクしてきます。

「アーノンクールなら、こういう響きだったらいいな」とイメージするところが、ことごとく想像を上回っているので、聴き進めていくのがどんどん楽しみになります。

例えば第一部の11曲目「For Unto Us A Child Is Born」、落ち着いたゆっくりとした足取りで進んでいきます。
その歌わせ方には、どこにも無理がなく、みどり児が産まれたことに対する新鮮な喜びに満ちています。

「And the government shall be upon his shoulder・・・」というところなど、他の演奏ではどうしても力んでいるように聴こえますし、アマチュアの合唱団だと、ここぞとばかりにがんばってしまうものですが、そのような表現は大きな間違いだと、改めて気づかされます。

有名な「ハレルヤ・コーラス」も、力強さには背を向けた、繊細な表情で始まりますが、「King of kings・・・」から非常に意思の強固な響きになり、次第に圧倒的に盛り上がります。

大学時代に毎年演奏していた、とてもなじみのある曲なのですが、あの頃にこの演奏を聴いて勉強していたら、もっと自分たちもいい演奏ができていたかもしれないなあ〜(苦笑)。

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685‐1759)
オラトリオ『メサイア』HMV56(全曲)

クリスティーネ・シェーファー(S)
アンナ・ラーソン(A)
ミヒャエル・シャーデ(T)
ジェラルド・フィンレイ(Bs)
アルノルト・シェーンベルク合唱団
[合唱指揮:エルヴィン・オルトナー]
ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス[オリジナル楽器使用]
指揮:ニコラウス・アーノンクール

[録音]2004年12月18日&19日
ウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ・レコーディング

ヘンデル:メサイア(全曲)
ヘンデル:メサイア(全曲)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバック、ありがとうございます。
今からコンサート、楽しみですね。
日本公演のプロ、全てウィーンで聴けるようなので私も楽しみです♪
ちなみに『メサイア』が10月4日に、このCDの録音の行われたムジークフェラインであるので一足お先に聴いてきます(笑)
zauber-ton
URL
2006/09/11 16:44
zauber-tonさま
コメントいただきありがとうございます。
また、ウィーンでご活躍のことと存じます。
ウィーンでアーノンクールが指揮する演奏会、日本の皆さんのためにも、ぜひレポートしてくださいね。
では、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
Tany
2006/09/12 00:24
こんばんは。
TBありがとうございました。
アーノンクールの「メサイア」、素晴らしいですね。
旧盤とは随分イメージが違います。
アプローチに大差ないと思うのですが、何か人間的な魅力というか温かみが出てきたように感じます。

この「ハレルヤ」を聴いてしまうと、他の演奏が単に晴れやかさ・華麗さだけを追求しているような気がして、ちょっとがっかりしてしまいます。

>まず特筆できるのは、11月の日本公演でも歌う、A.シェーンベルク合唱団の素晴らしさ。
全く同感です。もう神業ですね。

11月公演は私もとても楽しみにしております。

P.S
私もウィーンフィル、ネットオークションで何とかゲットしました。13日のプロなんですが・・・。
メサイアとあわせ、今からどきどきです。
romani
URL
2006/09/13 00:33
はじめまして、こんばんは。
TBどうもありがとうございました。
ボクはまだこの盤は購入してません。
Tanyさんのブログを読ませて頂き、
欲しくてたまらなくなりました。
すぐには無理ですが、11月京都公演までには何とか。

京都公演のもようは頑張ってブログにUPします。
オケや合唱にはシロウト同然なので、
大したことは書けませんが…
tiento_antiguo
URL
2006/09/14 20:54
romaniさま
コメントありがとうございます。
お返事遅くなり失礼いたしました。
そう、この「メサイア」は、なんともいえない温かみを感じますね。
これからもいろいろ紹介してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Tany
2006/10/01 20:14
tiento_antiguoさま
コメントありがとうございます。
お返事遅くなり失礼いたしました。
このCD、ぜひお聴きになってみてください。
これからも、いろいろ紹介してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Tany
2006/10/01 20:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アーノンクール「メサイア」 Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる