Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS 「熱狂の日」音楽祭2006A〜モーツァルト/レクイエム(コルボ指揮)

<<   作成日時 : 2006/05/06 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 13

画像

日時:2006年5月5日(金・祝)16:30
会場:東京国際フォーラム・ホールC

カティア・ヴェレタズ(ソプラノ) ヴァレリー・ボナール・ビュクス(アルト)
ヴァレーリオ・コンタルド(テノール) ステファン・インボーデン(バス)
ローザンヌ声楽アンサンブル(合唱)
シンフォニア・ヴァルソヴィア(オーケストラ)
ミシェル・コルボ(指揮)

プログラム:モーツァルト/レクイエム ニ短調 K.626

次に聴いたのは、宗教音楽の大家でスイスの生んだ「合唱の神様」、
コルボ指揮の「モツレク」です。
ホールCにコルボが姿を現した瞬間から、
なんともいえない神々しい雰囲気がただよっていました。

いかにもコルボらしい、率直で余計な思い入れのない、
しかもデリケートなところはしっかり聴かせる、素晴らしい「モツレク」だったと思います。
独唱では、これまでにコルボと多く共演してきた
バスのインボーデンさんの表現力が出色。
また、コルボの手兵であるローザンヌ声楽アンサンブルは、
特に透き通った弱音になんともいえない温かみを感じることができました。

オケは、モダン楽器を使用する団体でしたが、
やはり、コルボのモツレクには、特に金管楽器やティンパニは、古楽器が合うようで、
これだけが難点でした。

それにしても、コルボさん、
これからもぜひ、元気で日本に来て欲しいものです。

個人的に、アマチュアオーケストラ(トロンボーン)で、
モツレクを2回演奏したことがあるのですが、
モツレクは、聴くのも演奏するのも、ほんとうに素晴らしい曲です。
またいつかやってみたいなあ〜。


モーツァルト:レクイエム

フォーレ:レクイエムこちらはフォーレの「レクイエム」です。
モーツァルト:レクイエム

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございました。
コルボ指揮のモーツァルトの『レクイエム』、期待以上のすばらしい演奏でしたね。
自分は、5月3日の公演を聴いたんですが、まず、自筆譜での演奏で始まりました。オーケストレーションのない部分は、通奏低音をハルモニウム(小型のオルガン)で伴奏してました。このように未完のままのスコアで演奏されるという機会はめったにないですが、実際に聴いてみると、とっても透明感のある響きで、厳粛な感じだと思いました。
その後、続けて『バイヤー版』で全曲が演奏されました。コルボの大らかでナチュラルな音楽性、ローザンヌ室内合唱団の、純粋で色彩感のあるハーモニーがすばらしかったです。それに、オーケーストラが、ものすごく緊張感のある響きで、とっても彫りの深い表現が印象的でした。コルボのCDとはひと味違う、まさに一期一会の演奏ですね。ソプラノのソロは日本人の方でしたが、オーセンティックなスタイルも感じさせる、すばらしい歌唱でしたね。
泡盛マイスター
URL
2006/05/06 00:22
泡盛マイスターさま
さっそくコメントいただきありがとうございました。
コルボの「モツレク」は、当方の以前のブログにも書いておりますように、
大阪でのフォーレのレクイエムとの2曲プロでのコンサートが
忘れられない思い出になっております。
またいつか、オケもローザンヌのアンサンブルで、フォーレとモーツァルトを
セットで聴けることを夢見ています。
今後もいろいろと書いていこうと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Tany
2006/05/06 01:48
TBありがとうございました。
1日目に私が聴いたコルボ/レクイエムは、Aホールのしかも、1階席の後ろ左端という、最悪のポジションだったのですが、それでも、声も音楽もすばらしいと感じることが出来たのです。もし、2階席の真ん中で聴くことが出来たら、どれだけすばらしかっことでしょう。
あずさけい
URL
2006/05/06 07:40
あずさけいさま
コメントいただき誠にありがとうございます。
宗教音楽は、どこで聴くということよりも、何を聴くかということが大切なんだろうな、というふうに最近思います。
今回の「ラ・フォル・ジュルネ」で、モーツァルトの宗教音楽の名演を体験できた方が増えたことは、とても素晴らしいことだと思いました。
個人的には、RIAS室内合唱団の演奏も聴きたかったです。
他にもいろいろと書いてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
Tany
2006/05/06 12:23
ノイマン指揮、ケルン室内合唱団&コレギウム・カルトシアヌム、聴いてきました。曲目は、『ハ短調ミサ』、『ヴェスペレ』、『レジナ・チェリ』ほか。アグレッシブで、かなり突っ込んだ、前のめりの演奏を聴かせてくれました。歌うところは歌い、速くて強いパッセージでは、荒々しささえ感じるほど激しいアクセント。とってもニュアンスとメリハリに富んだ演奏でした。思わず興奮!!

http://plaza.rakuten.co.jp/awamorimeister/diary/200605060000/

泡盛マイスター
URL
2006/05/06 16:27
トラバ、ありがとうございました。

コルボ・レクイエムはAもCも行ってきました。ホールAは会場が大き過ぎるという点はありましたが、珍しいオリジナル版が聴くことができました。

ホールCは会場の広さもほど良く、レクイエムをじっくり聴くことができました。

事情があって行くハズだったホールCの大ミサ曲が行けなくなりちょっと残念でした。
こたつ
2006/05/07 00:55
こたつさま
コメントいただきありがとうございました。
コルボさんは、けっこうテンポはサクサク進める人です。
ただし、「ラクリモザ」の最後など、思い切り落とすところもあったりします。
古楽器ならしっくりいくのですが、モダン楽器ですと、ちょっと落ち着かない感じもします。
ぜひまた、オケもいっしょに連れてきてほしいものです。
これからも、いろいろ書いてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Tany
2006/05/07 01:03
TBありがとうございました。
コルボさんの去年の来日公演を聴きにいけず残念な思いをしていたので、LFJで彼の指揮を見れて聴けて、本当に良かったです。
72歳というご高齢、カーテンコール時の出入りでも足を少し引きずっておられた感じでしたが、また来日して元気な指揮姿をみせてもらいたいですね。
きのっぴ
URL
2006/05/08 01:06
遅くなりました、、TBありがとうございました!
ホールCでの演奏、きっと素晴らしかったのですね。生涯て何回も出会うことができないであろう、今回のコルボ氏のレクイエムに体験、体感出来たことを、日一日が過ぎていくにつれて、幸せな時間だったと感じています。
 
kurumicci
2006/05/09 17:29
きのっぴさま、kurumicciさま
コメントいただきありがとうございます。
私は、LFJではホールCの前の方で聴いていたのですが、コルボさん、足どりはややお年を感じるものの、まだまだお元気そうでうれしく思いました。
きっとまた、日本で素晴らしい演奏を聴かせていただけることでしょう。
これからも、いろいろ書いていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Tany
2006/05/13 22:34
TBありがとうございました。
GW終わった後も暫くはモツレクに取り付かれていました。
来年も楽しみですね!
みみ蔵
2006/05/15 10:20
みみ蔵さま
コメントありがとうございました。
そう、モツレクはほんとにすばらしい曲ですね!
これからも、いろいろ書いていこうと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
Tany
2006/05/20 22:55
2回目TB頂きましてありがとうございます。

自分のところで書きましたが、熱狂を通り越
して『発狂』(笑)してしまったような感じ
もします。先日買い足して、モツレクのCD
が10枚になってしまいました。

今、参加している合唱団のモツレクが10月
にあるので、『発狂の日々』はまだまだ続き
ます。でも、本当に良い曲ですよね〜。

お邪魔致しました。m(_ _)m
こたつ
2006/05/21 00:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「熱狂の日」音楽祭2006A〜モーツァルト/レクイエム(コルボ指揮) Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる