Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS 鈴木雅明/バッハ・コレギウム・ジャパン/「マタイ受難曲」

<<   作成日時 : 2006/04/16 01:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

画像

所沢市民文化センター ミューズのアークホールまで出かけて、鈴木雅明さん指揮のバッハ・コレギウム・ジャパンの演奏会を聴いてきました。

曲は、J.S.バッハの大曲「マタイ受難曲」。今回は、よく演奏される1736年の決定稿ではなく、初期稿で演奏されました。
演奏はたいへん素晴らしく、おおいに心を揺さぶられました。3時間あまりの演奏会も、あっという間に感じました。

この曲は、イエス・キリストが弟子の裏切りにあって死刑に処せられ、十字架で磔にされるまでを描いたものです。
キリスト教に関し、全く予備知識も興味もない方には、どう感じられるか分かりませんが、私は、イエスの尊さや偉大さというよりは、人間の弱さ、罪深さといったものを深く考えさせられる作品だと思っていますし、バッハの音楽には、他の作品にも、そのような普遍性を強く感じます。

ヨーロッパでも、鈴木さんとバッハ・コレギウム・ジャパン(以下BCJ)の演奏は、非常に高く評価されています。
ヨーロッパのクリスチャンの音楽家が演奏すると、もっと深い表情を込めた演奏になるのでしょう。
しかし、バッハに対するメンバーそれぞれの方向性が異なっていたら、感動できる演奏にはならないのではないでしょうか。

BCJの持ち味は、上述のようなバッハの普遍性に、キリスト教のバックボーンを持たない日本人を中心としたメンバーの音楽づくりが、鈴木さんの緻密で真摯なトレーニングによって、非常にうまくマッチしたところではないかと感じました。

初期稿については、第57曲、十字架を背負わされたシモンのアリア「私も十字架を担おう」で、リュートのソロの響きが印象的でした。
しかし、第1曲で、パイプオルガンを用いたのは、ちょっと音が大きすぎたかもしれません。

それから、お客さんの入り・・・。
前日のオペラシティは満席だったようですが、所沢では、2,000席あまりのホールに、たぶん2割くらいしか入っていません。
とても素晴らしいホールなのに、もったいないなあ〜。
浦安にも、こんなホールがあったらいいのにな・・・。

バッハ:マタイ受難曲 全曲
バッハ:マタイ受難曲(全曲)バッハ/「マタイ受難曲」
ヘンデル:「メサイア」(全曲)ヘンデル/「メサイア」全曲





バッハ:マタイ受難曲 全曲

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バッハ・コレギウム・ジャパン《マタイ受難曲》[初期稿]
2006年4月8日(土) ミューザ川崎シンフォニーホール 復活祭の近づくこの季節 ...続きを見る
きままにARTSダイアリー
2006/04/16 07:57
バッハ 「マタイ受難曲 初期稿」
J.S.バッハ 「マタイ受難曲 初期稿」@ミューザ川崎 シンフォニーホール 指揮:鈴木雅明 合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン 4月8日(土) 4階C席で聴きに行っています。 私はキリスト教徒ではないのですが、それでもバッハの「マタイ受難曲」は美し.. ...続きを見る
みどりのアート鑑賞日記
2006/04/18 02:54
バッハ・コレギウム・ジャパン/バッハ:ミサ曲ロ短調
バッハ・コレギウム・ジャパン/バッハ:ミサ曲 ロ短調 BWV232 ...続きを見る
Tany&wife's blog fro...
2007/10/07 01:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
たにやんさん、はじめまして。
TBをいただき、どうもありがとうございます。
私もとても深い感動が得られた、素晴らしい演奏会だったと思いました。
そう言えば、パイプオルガンは確かに少し浮いてましたね。
それにしても、所沢は2割の入りだったのですか?
それは少なすぎますね。ちょっと驚きです。
川崎は、ちらほら空席はありましたが、ほぼ満席でした。
snow_drop
URL
2006/04/16 08:10
snow_dropさま
TB&コメントありがとうございます。
たいへん参考になるブログですね!
これからも、いろいろ書いていきますので、よろしくお願い申し上げます。
Tany
2006/04/16 12:38
TBありがとうございます。
所沢で空席多かったのは本当に残念でした。
東京に比べれば格段に安いのですから、
何か知恵は無かったのかと思います。
一曲のパイプオルガンは違和感がありましたね。
私は、パイプオルガンがまだ調子が出ていないのかなとも思いました。
あそこは「天」からの音が聞きたいですよね。
Ken
2006/04/16 14:21
Kenさま、コメントありがとうございます。
そう、なんであんなに空席があったのでしょうか。
ミューザ川崎やオペラシティのウェブサイトで、「所沢はまだ空席があります」
というアナウンスをすればいいのに・・・。
今後もいろいろ書いてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

余談ですが、所沢のホワイエでビールを頼むと、
冷たく冷えた中瓶が出てきます!
これはすばらしいことです。
中瓶一本空けて「マタイ」を聴くことに、罪悪感も少しは感じますが(苦笑)。
Tany
2006/04/16 17:55
TBありがとうございました。
それにしても2割とは少ないですね。主催者(BCJではなく、プロデューサー側)はきちんと宣伝をしていたのでしょうか…?
いつか松蔭のチャペルで、演奏を聴いてみたいと思います。
真・獣たちの種子
URL
2006/04/17 20:00
Tanyさん、はじめまして。TBありがとうございました。
私はミューザ川崎での公演を聞きましたが、とても素晴らしかったです。
所沢がそんなに空いていたとはもったいない、都合がつけば私もまた
聴きに行きたいくらいでした。
第57曲のリュートの響きはきれいでしたね、思わず引き込まれてしまいました。
なのに通常版では変えられたのはどうしてなのか、謎ですね。
みどり
URL
2006/04/18 03:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鈴木雅明/バッハ・コレギウム・ジャパン/「マタイ受難曲」 Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる