Tany&wife's blog from 新潟

アクセスカウンタ

zoom RSS ベスト・コンサートA〜チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル

<<   作成日時 : 2005/11/03 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
1993年4月28日、東京芸術劇場で聴いた、セルジュ・チェリビダッケ指揮/ミュンヘン・フィルのチャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」は、私の音楽観をひっくり返すような衝撃的な演奏でした。
私は、チャイコフスキーの曲がそれほど好きではないのですが、「悲愴」だけは別格です。それまでにも、カラヤン、ムラヴィンスキーといった巨匠の名盤や、大フィルや新日本フィルを振った朝比奈のライヴで、何度も感動してきました。
しかし、チェリビダッケは、聴く者の胸をわし掴みにするような説得力で、数多くの名盤・名演をはるか上回っていました。

ブルックナーのアダージョのようなゆっくりとしたテンポで、一小節ごとにかみ締めるように、巨大な建造物を積み上げていくように、音楽が紡がれていきます。一階席後方で聴いていても、巨匠の息遣いやオーラが、我が身の背筋を凍らせるようです。
最強音でも、あくまで透明な音色で、完璧なリズムと音程が徹底しているため、全く音は濁りません。長い長い第一楽章のクライマックスで、私は身じろぎもできず、ただただ涙をこらえるのに精一杯でした。
第四楽章、心臓が止まるかのようにコントラバスの刻みがゆっくりになって、消えゆくように曲は終わります。お客さんは誰も、身動き一つしません。息をする音が周りに聞こえてしまうのもためらうほどの時間が続いていました。もし、心臓の弱い方が居合わせていたら、かなり危なかったでしょう。

私にとって、これが唯一無二の「悲愴」体験になりました。もう、他の「悲愴」のどの演奏も、私を満足させることはないでしょう。今でも、あの体験を思い出しただけで、感度に打ち震えることがあるほどです。

チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調「悲愴」
チャイコフスキー : 交響曲第6番ロ短調「悲愴」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル/ブルックナーの5番
以前にこちらでも紹介しましたが、私は大指揮者セルジュ・チェリビダッケの演奏に、非常に多く感銘を受けました。 ...続きを見る
Tany&wife's blog fro...
2007/01/18 16:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すみません。おたずねします。1993年4月28日について、東京芸術劇場に問い合わせたところ、大ホールではブルックナーの交響曲が曲目になっているということだったのですが、この日、チャイコフスキーの『悲愴』が演奏されたのは間違いないでしょうか? お教え頂ければ幸いです。よろしくお願いします。
さぶちん
2011/02/02 20:04
さぶちん様、ありがとうございます。この年、東京芸術劇場では、(1)ハイドン
「オックスフォード」とチャイコフスキー「悲愴」、(2)シューベルト「未完成」とベートーヴェン「田園」の2公演が行われています。当方の手元に日程の記録がないので他サイトを参照しましたが、日付が間違っておりましたらご容赦ください。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
Tany
2011/02/02 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベスト・コンサートA〜チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル Tany&wife's blog from 新潟/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる